ここから本文です

日中戦争は客観的に見て日本の侵略だったのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2018/5/1708:36:14

日中戦争は客観的に見て日本の侵略だったのでしょうか?

中国は1920年代の頃もそうですが,大陸の海外権益を侵害して,済南事件や山東出兵など日本以外にも軍事制裁を与えるような口実を作ったり,1930年代でも国権回復運動で日本の満州権益を侵害したり,大陸にいる在留邦人に危害を加えることが多々あり,全面戦争になってもしょうがないことを日本相手にたくさんやっており,日本は何も悪いことをしていないと思います。ただ戦争に負けた以上,日本が悪くないなんて言い方は無益であることは分かってはいますが。

閲覧数:
134
回答数:
14
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aji********さん

2018/5/1714:53:43

「異民族が強制力を伴う進出をしてくる」が外形的な侵略の定義ですからね。

[あっちから見れば、侵略][こっちからみれば軍事的な対応]・・・どこも矛盾はありませんよ。

だいたい日本は明瞭に国際社会に対して、日中戦争での権益の承認を要求しているじゃないですか。
日中戦争以前でも日本の排他的権益を広げる「対華二十一箇条要求」をしていますよ?

日中戦争を巡る一連の対米交渉においても同様で、甲案・乙案を出す過程でようやく要求する権益の縮小は行いましたが、それでも陸軍は華北と内蒙古は譲りませんでしたが?
(華北って北京ですよ? つまり日本でいえば京都を含む関西を要求しているようなものです)

>日本は何も悪いことをしていないと思います

なるほど、あなたの価値観は尊重しますが、同じことされても「何も悪い」って言い続けてくださいね。

たとえば、いまの中国が日本に「沖縄は中国の権益だ。安倍政権は正統な政府とは認めないので、中国の傀儡政権と交渉する」などと要求しだし、あげく「アメリカの戦後支配から解放してやる」と軍隊を上陸させてきて、軍政を敷いても、あなたは「中国は日本を侵略してない!」「自衛隊が反撃するから戦争が長引き、犠牲者が増えたんだ!」って言わないと整合性が無いですよ。


>ただ戦争に負けた以上,日本が悪くないなんて言い方は無益である

もちろん「負けたから悪者にされる」「歴史は勝者が書く」なんてのは史学的視座においてはありませんので、大ウソです

>軍事制裁を与えるような口実を作ったり

戦争なんてものは、どっちも国益や民族の理念なんてもののために始める悪手であって、どっちが先に手を出したから悪いなんてことはありません。
複雑な連鎖の過程が歴史として結実する、ただそれだけです。

あと、「日本は何も悪いことをしていない」だから「悪いのはあいつらだ」「俺たちは悪くない」と、因果を単純化して、敗戦の責任と罪をなすりつけるのは、日本民族の自己決定権を否定する、幼稚な歴史観ですよ。
(いささか失礼な表現で申し訳ないですが)

○○ちゃんが悪いから〜、で責任逃れが通用するのは幼稚園児までです。
大人であれば、結果はすべてを負わなければなりません。

アバター

質問した人からのコメント

2018/5/24 06:46:56

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

gen********さん

2018/5/2317:33:32

ID非公開さん

>日中戦争は客観的に見て日本の侵略だったのでしょうか?

「日本の侵略」と主張している国とは、中国共産党政府など特定3国に限られていることに気付きます。これら国々はいわば中国勢力圏にあり、その総元締めが中国共産党国家であると考えることが出来ます。

当時をファクトに基づき理解しておくことは非常に大事なことです。しかし対中国共産党によるこれら国際的反日プロパガンダに対する反論としては、中国共産党政府の現状を指摘するだけで十分なような気がします。ちなみに中国(清)がアヘン戦争をした相手がどこで、何のためだったかも忘れ、日本だけを批判のターゲットにしていることは見逃しできない点です。

日本を「軍国主義国家・日本による侵略」と批判するからには、その前提として「“侵略行為”“軍国主義”とそこからもたらされる“植民地化”は悪」とする隠れた根拠に基づいていなけれなりません。

ところが現在の中国共産党国家はどうでしょうか。侵略・軍国主義とは無関係であり、他国を植民地化することなどあり得ない国になっているのでしょうか。思わず吹き出してしまうくらい、現在の中国は、共産党による一党独裁であり、今年習近平国家主席は、そのポストを永遠に続けることができるようにしたばかりです。ウィグル・チベット等などを「自治区」と称して現在も侵略行為や虐殺等を続けているのは中国ではなかったでしょうか。戦後中国は、自国と国境を接する国々と武力による戦闘行為を繰り返していたのは中国ではなかったでしょうか。台湾や日本の尖閣諸島を勝手に戦争も辞さないとする「核心的利益」と称しています。南シナ海では、フィリピン・ベトナム・台湾などと領有権を争う岩礁に対し、無理矢理に埋め立て人口島とし、最近ではその地を軍事拠点化しているほどです。しかも国際仲裁裁判所が下した中国側敗訴の判決を「単なる紙くず」とバッサリ切り捨てる大胆不敵さです。また返済が出来ないことが初めからわかっていながら途上国に多大な融資を注ぎ込み、そのインフラ建設には中国人作業員らを大量に送り込み中華街化させ、挙句に返済不能となるやその地を中国の地にしてしまうパターンです。これらは現代版侵略、植民地化行為そのものではありませんか。ところが中国は、国際的にメディアをコントロールし、中国の不都合な現状を隠蔽することまでしているとか。

いずれ中国の現横暴体制が破綻せざるを得ないことは、歴史が証明していること・・・。

ebi********さん

2018/5/2316:00:01

>日中戦争は客観的に見て日本の侵略だったのでしょうか?

戦争当事国の領土に踏み込んでドンパチやってたんだから間違いなく侵略だね。
※侵略:相手の主権・領土を一方的に侵すこと

日清戦争も日露戦争も戦地となったのは朝鮮半島がメインなので侵略とは定義されません。
侵略かそうでないかの議論は「相手の主権・領土を一方的に侵したのか」のみが基準であり、ちょっかいを出されたとかそういう話ではありません。

なので同じ論法を用いればアヘン戦争もイギリスの侵略ということ。

aru********さん

2018/5/2108:46:11

戦争は、正しい者の勝つので無く勝った者が所謂「正しい」のです。兵法の極意は、勝算無き戦争はするな、敵を知り汝を知れば云々と有ります。その点で言えば日本軍は、中国軍を侮り少し脅せば数か月で片付くと希望的観測のみで蒋介石に後ろから支援している欧米列強の存在を無視し済し崩し的に戦争になりそれが対米戦争の伏線になり敗戦→亡国に至り侵略国の烙印を押された。戦争は結果が全てだから侵略国と言われても致し方ない。しかし日本の真意は、中国と戦争する事にあらず日中連携して欧米列強のアジア侵略、植民地支配を解放する事にあった。孫文が旧態依然として欧米列強の餌食になっていた清を倒し近代国家に生まれかわり欧米列強を駆逐して真の独立国を樹立するのに日本は、民間人を中心に熱烈に支援した。しかし孫文の死後後を継いだ蒋介石は、孫文の偉業を台無しにしまたも欧米列強の犬に成り下がった。その上統治能力が無く軍閥や共産党の跋扈を許し無用の混乱を招いたそれは、隣国の日本も迷惑だった。
それに日本人の間には、シナは弱い、野蛮国と蔑み軽蔑する風潮が蔓延していた。
しかし一部の軍人や日本人の間には、シナを文明発祥国、日本に様々な文化を伝えた国として尊敬し中国を朋輩、友好国と認識し蒋介石に代わる真の同盟政権樹立を模索していた人達がいたのは、事実、その人達が日本の中枢にいたならば無用な戦争を避け日中連携してアジア解放の偉業を達成できたかもしれない。

sit********さん

2018/5/1718:55:30

たとえば、主様が中国人に唾を吐きかけられて、横っ面を張られたんで、張り返したら、さらに何倍も張って来ました。
主様は、相手より何倍も強いのは分かってたので、早速柔道の技を使って、なぎ倒して、抑え込みました。

でも、謝らないので、手足の指を折っていきました。
それでも、謝らないので、顔に拳骨をくらわせ続けました。
ほとんど抵抗できなくなったのですが、まだ、「クソ野郎お前なんか許さん」とほざくので、さらに力を入れて拳骨をくらわせました。

さて、、、これで犯罪にならないと思いますか??

単にやりすぎただけの話です。
南京占領までは、むしろ正義の味方のように扱われてましたよ。欧米からも。

南京占領したら、あとは「謝るまで返してやんないよ」でいいんですよ。
戦争する理由はあっちにあるんですから。来るのをやっつけてりゃいいんです。
猿が畑荒らすからって、山の仲間でおいかける百姓は居ませんよ。

やれば負けないもんだから挑発にのって調子にのりすぎたのです。

どっちも馬鹿同士です。
ヤンキーのケンカみたいなもんです。

ohx********さん

2018/5/1718:44:25

侵略は、侵略です。他に言い方がありますか?しかし他に仕方がなかったと思います。現代の様な自由貿易ではなく、国土狭く資源のない国で餓死者を出さずに済ますのは、他に移民、他国への出稼ぎ、海外への輸出などがありますが、中国、朝鮮など現地官憲が、守ってくれるどころか迫害する始末。
日本の権益があるところは、軍隊を派遣する以外ない訳です。つい数年前の中国の対日デモで破壊された日系財産を中国政府は、倍賞するどころか日本に責任があると開き直る始末。中国政府を相手にしても意味がないとなるのです。
ベトナムの反中デモの場合ベトナム政府は倍賞しましたよ。それでなければ諸外国から中々正統な政府とは認めてもらえません。
当たり前の対応です。
中国を侵略したと良く言われますが、その中国には独・露は日本が追い出しましたが、第二次大戦海鮮時、まだ英米仏葡が頑張ってました。他にインド・東南アジアでも、英米仏蘭が支配してたので、日本軍が叩き出し軍政を敷きました。つまり侵略者を追い出した訳です。
昔の侵略なんてとっくに歴史時代です。
子孫がいつまでも気にするのは、中韓からのプロパガンダ工作に引っ掛かるからですよ。もし真剣に侵略は悪だと思うなら現在進行形で侵略されているチベット、ウイグル、南シナ海沿岸の国々の為に声を上げるべきではないでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる