ここから本文です

モリカケ問題ですが、安倍総理はなにも問題がないという主張があります。 もし...

アバター

ID非公開さん

2018/5/1808:17:34

モリカケ問題ですが、安倍総理はなにも問題がないという主張があります。

もしそれが事実なら、これだけ国会が長期にわたって混乱状態というのは、異常なまでの安倍総理の無能が原因ってことですよね。

安倍総理は1日も早く辞任すべきでは?

閲覧数:
1,438
回答数:
56

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tie********さん

2018/5/1808:26:05

全く同感です。
官僚が勝手にやったというのが事実であれば、安倍自公政権は速やかに情報を公開して、事実を明らかにして官僚を処分すれば、すぐに解決していました。それを情報を隠蔽し、証人喚問は拒否し、官僚を擁護し、疑惑から逃げ回っていました。意味不明の行動です。統治能力、問題解決能力が全くない無能としか言えません。速やかに総辞職するべきだと思います。

  • tie********さん

    2018/5/1810:00:13

    すみません。
    他の回答者様(安倍応援団の方)のご回答に意見を述べさせて下さい。

    >総理が無能なのではなく、野党マスコミが無理難題を要求しているからです。
    悪魔の証明は困難です。



    <無理難題なんて野党は要求していません。疑惑を晴らして下さいと要求することは、国民の代表である野党国会議員として当然の要求です。
    「悪魔の証明」とは全く違うケースのことですね。
    行政を管理監督、運営している安倍自公政権にとっては、無実の証明は情報公開を徹底すればすぐに出来ることですが?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/55件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

qcn********さん

2018/5/2500:51:10

●【炎上】民進党・福山哲郎も日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っていた
2017年6月15日
http://netgeek.biz/archives/97995
民進党・福山哲郎議員が日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っていたことが分かった。
玉木雄一郎議員と同じく、加計学園を追及するにあたって不適切な関係にあることが確定した。
収支報告書に動かぬ証拠が…。
玉木雄一郎議員と一緒になって加計学園の獣医学部新設に反対しているのはそういうことだったのかと合点がいく内容だ。
おそらくこの100万円は手付金の挨拶程度で、成果報酬はもっと多いのだろう。
とにかく既得権益を守りたい獣医師たちは政治家と癒着し、全力で加計学園の動きを止めようとする。
玉木雄一郎議員においてはここにきて急に
「獣医師不足を解消するためには獣医学部の新設ではなく、給料を2倍にすべき」
と主張し始めており、あからさまにポジショントークを展開する始末だ。
玉木雄一郎議員の100万円がバレたとき、福山哲郎議員は自分の献金受け取りもいつバレるのかとヒヤヒヤしていたに違いない。
そして案の定バレた。
もっとも、当の本人はまだ気づいておらず、睡魔に襲われている。
懸命に眠気と戦おうとするも結局は負けてしまうところがダメ議員の風格を表している。
100万円受け取りの件について耳元でそっと囁いて目を覚ましてあげたいくらいだ。
ちなみに福山哲郎議員は14日に委員長のお叱りを無視してスピーチを続けたばかり。
あまりの暴走っぷりはもはや普通の人の常識感覚がないのだと感心すらさせられる。
こうした厚顔無恥な側面があるから献金を受け取って加計学園に反対しても平気でいられるのだろう。
「良心が痛む」という表現があるが、福山哲郎議員にはそもそも良心がないので何も痛むはずがない。
自身の金儲けのために政治を利用するのはやめてほしい。

●2017.06.14
テツロード事件!民進党・福山哲郎議員も獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っていた!
http://ksl-live.com/blog9362
民進党の福山哲郎議員が、平成22年に日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っていたことが判明した。
民進党では玉木雄一郎議員が平成25年同じく100万円を受け取っている。
これにより、玉木雄一郎・福山哲郎議員らが獣医学部新設に反対する、既得権益側の日本獣医師政治連盟の意向に沿って加計学園と安倍政権を攻撃していた可能性が◆玉木議員の献金発覚時に沈黙
この献金受け取りの事実はDAPPI氏が把握していたが、特に福山哲郎議員が率先して獣医学部新設に反対していなかったため公表していなかった。
しかし、ここ最近になって福山哲郎議員が前面に立って追及を始めたため公表に踏み切った。
民進党内では、高井たかし議員らが獣医学部新設を内閣府に要請していたことが判明しているが、党内で安倍政権打倒のために「新設反対」一色となっている。
国民のための政治理念より政治パフォーマンスが優先された形だ。
参考:証拠動画公開!加計学園問題、民進党の高井たかし議員が内閣府に説得要請していた
また、民進党最高顧問である江田五月前参議院議員が、加計学園の加計孝太郎理事長と親しい間柄であることも無かった事にして、しきりに安倍首相と加計孝太郎理事長とのフェイスブック投稿写真を論拠に攻撃を仕掛けている。
参考:ブーメランか?民進党最高顧問と加計学園理事長が昨年10月に懇談
民進党最高顧問江田五月と加計学園加計孝太郎理事長懇談
もう、こうなったら民進党内の推進派と反対派で本気のシバキ合いをして、生き残った方の意見を公式見解としてはどうだろうか?
続報:速報!民進党・芝博一議員も日本獣医師政治連盟から100万円の献金、玉木・福山に続いて3人目
関連:獣医師会から献金の玉木議員、弁明ブログをVR蓮舫に追及させてみた

●2018.5.24 19:13更新
【加計学園問題】
立憲民主と国民民主、加戸守行前愛媛知事に法的措置検討 「献金契機にブレーキ」発言
http://www.sankei.com/politics/news/180524/plt1805240026-n1.html
立憲民主党の福山哲郎幹事長は24日の記者会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐって福山氏らを名指しで批判した加戸守行前愛媛県知事に対し、法的措置を検討していると明らかにした。
加戸氏は23日の自民党インターネット番組で、福山氏と国民民主党の玉木雄一郎共同代表が旧民主党政権時代、学部新設に反対する日本獣医師会から献金を受けたと指摘し、これを契機に学部新設構想に
「ブレーキがかかった」
と訴えた。
福山氏は
「(日本獣医師会の政治団体の)日本獣医師連盟から陳情を受けたことも、農林水産省、文部科学省、内閣府に問い合わせをしたこともない。
何をもってブレーキがかかったと言うのか根拠を示してほしい」
と不快感を示した。
国民民主党の泉健太国対委員長も24日の記者会見で、加戸氏の発言に関し
「看過できない。法的措置も検討したい」
と表明した。

●2018.5.24 19:39更新
【加計学園問題】 産経新聞
「非常に不可思議なことを言われるなあ」 立憲民主・福山哲郎幹事長、加戸守行前愛媛県知事の「ブレーキかかった」発言に反論 記者会見詳報
立憲民主党の福山哲郎幹事長は24日午後の記者会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐって福山氏らを名指しで批判した加戸守行前愛媛県知事に対し、法的措置を検討していると明らかにした。
加戸氏は23日、自民党のインターネット番組「カフェスタ」で、福山氏と国民民主党の玉木雄一郎共同代表が旧民主党政権時代、学部新設に反対する日本獣医師会から献金を受けたと指摘し、これを契機に学部新設構想に「ブレーキがかかった」と訴えた。その上で国会論戦で加計問題追及に力を入れる福山、玉木両氏を「100万円の政治献金であんなに義理堅く働かれる先生ってのは自民党にはいませんねぇ」と評した。
福山氏の記者会見での発言の詳報は次の通り。
× × ×
「意図を感じざるをえない」
ーー加戸氏が福山氏を名指しで批判した。
反論があればお聞きしたい。
国民民主党は加戸氏への法的措置を検討しているそうだが、そういった考えはあるか
「一言で申し上げれば非常に腹立たしい思いで記事を拝見しました」
「まず1点目は、
『獣医学部新設にブレーキがかかった』
というようなことを言われているんですが、私は、今回の獣医学部の問題について、(日本獣医師会の政治団体の)日本獣医師連盟から陳情を受けたこともありませんし、そのことに対して農林水産省、文部科学省、内閣府に問い合わせをしたこともございませんし、さらに申し上げれば、国会の委員会で質問をしたこともございません。
ですから、何をもって
『ブレーキがかかった』
と言われているのか、加戸氏には根拠を示していただきたい」
「それから、私が献金をいただいたのは、2010(平成22)年、政権に(旧民主党が)いたときの選挙の際にいただいたのは事実ですが、しかし、それ以降は一切、何も、献金も受け取っておりません。
ですから、非常に不可思議なことを言われるなあという思いでございますし、自民党さんにも、献金は、パー券(パーティー券)も含めて出されているはずですので、それを意図的に玉木代表や私を名指しをしたことに、なんというか、意図を感じざるをえない」
「加戸氏は今、公職を、身を引かれている方ですから、あまり私は目くじらを立てたいとは思いませんが、こういういい加減なことを言われることは遺憾であり、ちゃんと論拠を示していただきたい」
「このような前知事を国会の参考人に呼べ、呼べと言ってきたのは自民党でございまして、自民党のインターネットテレビでこのような、公党の幹部に対して誹謗(ひぼう)中傷をされるということについては、自民党に対しても抗議をしたいと思います」
「加戸氏を国会の参考人に呼ぶくらいなら、現職の中村時広知事をすぐに参考人として国会に呼ぶことを自民党は認めて、ともに真相究明に、自民党も汗をかいていただきたいと思います」
ーー法的措置については
「検討はしますが、まあ、今、民間人になっている方ですから。目くじらを立てても仕方ないですが、しかし、言葉には気をつけていただきたいと思いますし。
弁護士とは今、話し合っていますが、それは『検討中』ということで、あまりはっきりしたこと、今は申し上げません」

●【炎上】民進党・福山哲郎も日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っていた
2017年6月15日...

for********さん

2018/5/2418:30:49

●「加計問題」愛媛新文書で炎上 朝日新聞は「首相動静」やめたら 朝日新聞へ「働き方改革へのススメ」
2018年5月24日
今週月曜2018年5月21日の午後、朝日新聞デジタル版が「愛媛県の新文書」が国会に提出されたと報じた。
続いて、翌2018年5月22日の朝日新聞朝刊では、
「15年『首相に加計氏説明』」
「獣医学部計画、首相『いいね』」
という、煽りの効いた見出しを打って、1面トップでこの件を報じた。
もはや哀れですらある。
天下の朝日新聞はいつから、伝聞の伝聞が書かれた「メモ」の一節を、1面トップの大見出しにする、怪しげな新聞に成り下がったのか。
さっそく、ネット上でこれへの検証が始まった。
すぐさま、報道各社が毎日掲載している
「首相動静」
との照合がされ、愛媛県メモにある2015年2月25日の「動静」には、加計孝太郎理事長との面会が記されていないことが指摘された。
某テレビ局が当日の官邸周辺の全映像を調べたところ、加計氏らの出入りは確認できなかったという。
さらに、文書に使われているフォント(書体)が、行政職員作成の文書としては不自然だとも指摘された。
<2/25に理事長が首相と面談(15分程度)。理事長から、獣医師養成系大学空白地帯の四国の今治市に設定予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは「そういう新しい獣医学部の考えはいいね。」とのコメントあり。>
このうち、
<首相からは「そういう新しい獣医学部の考えはいいね。」とのコメント>
の部分は「ゴシック」だが、それ以外は「明朝体」になっている。
時系列なども、疑惑を招く一因になっている。
文書によると、愛媛県が、面談について加計学園側から報告を受けたのは、2015年3月3日だ。
文書では報告内容に続き、
<なお、3月4日には、同学園と今治市長が面会し、ほぼ同内容の説明があった>
<おって、3/3に開催された国家戦略特別区域諮問会議では>
とある。
ネット上は
「フォントがバラバラ」
「時系列に違和感」
「日付表記が統一されていない」
との指摘が相次いでいる。
疑惑が指摘される文書について、愛媛県の担当者は
「職員の報告用の備忘録で、公文書ではない。
強調したい個所で字体を変えるのは珍しくなく、職員が関係者から聴いた話を正しく記載している。
『捏造』批判は当たらない」
と回答した。
今週月曜2018年5月21日午後の朝日新聞デジタル版での一報から、翌日2018年5月22日の朝日新聞朝刊が市中に出回るまでの一晩の間に、ネット上で
「フェイクニュースだ!」
と嘲笑される羽目に陥ったのである。
だが、こうした市井の賢者の指摘をものともせず、左派メディアが盛り上げる、新たな「加計問題」トピックに食いついたのが、左派野党の面々だ。
立憲民主党の枝野幸男代表はもちろん、蓮舫副代表は、2018年5月22日の早朝4時半から、加計孝太郎理事長の証人喚問を求めるツイートし毒づいた。
<愛媛文書の中身を否定するのであれば、なおのこと、自民党と安倍総理は加計理事長への証人喚問を行い、そよ信頼度を確認することを否定すべきではないのです>(誤字原文ママ)
自身の「二重国籍」疑惑(=『二重国籍』は事実だったと後に判明)の時に散々言われた
「疑惑を否定するならアナタが証明せよ」
をまねた論法で、必死に自己アピールに努めたのだが、またもや
「お前が言うな」
と多くの人から笑われている。
「会わなかった」ことの証明は悪魔の証明で困難だが、国籍が二重でないことの証明は簡単にできるが、蓮舫副代表は全くやろうとせず、国民を愚弄し続けている。
朝日新聞に話を戻すと、このままでは面目丸つぶれとでも思ったのか、朝日新聞は2018年5月23日朝刊で、
「官邸には複数の出入り口があり、その全てを確認できているわけではない」
「官邸や公邸、東京・富ヶ谷の私邸で記者に分からないようにする『極秘会談』も過去にたびたび行われてきた」
「記憶や記録がないことは、面会を否定する明確な証拠にはならない」
とまで書いた。
枝野幸男代表も、官房長官時代に、首相動静に載らない会い方で、菅直人首相に会っていたとツイートし、「告白」した。
「開いた口が塞がらない」とはこのことだ。
朝日新聞は自ら、
「自社の首相動静は穴だらけでアテになりません」
と言ってしまったに等しい。
であれば、そんなもののために、連日朝から晩まで社員を貼り付け、ブラックな働き方をさせる「悪習」をこの機に止めてはどうか。
国民は皆アホではない。
朝日新聞の首相動静がどう書こうが、国家の一大事において宰相が「密談」1つできないなどとは思っていない。
どうか安心して「首相動静」なる悪弊を絶ち、働き方改革の先頭に立つことをオススメしたい。

●首相動静(2015年2月25日)CommentsAdd Star
http://d.hatena.ne.jp/pm-watcher/20150225

●2018.5.21 22:54更新
【加計学園問題】
加計学園問題で愛媛県が国会提出した文書概要
https://www.sankei.com/politics/photos/180521/plt1805210026-p3.html
愛媛県が国会に提出した文書コピーの一部。

●加計新文書「真実は闇の中」 愛媛県と首相「双方に決定打なし」
2018年5月24日
加計学園の理事長と、安倍晋三首相が2015年2月25日に
「15分程度面会し、その際に首相が
『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』
と述べた」
との新文書を、愛媛県が2018年5月21日に国会に提出した。
首相は「会っていない」と否定した。
これをどう見るか。
ベテラン記者が言った。
「言った、言わないの話になっている。この愛媛県の新文書は伝聞の伝聞でもある」
どういうことか。
「愛媛県職員が加計学園の関係者から、聞いた。
とあるが、その関係者が分からない。
その関係者が加計孝太郎理事長から聞いたのかどうかも分からない。
それに、その日(2015年2月25日)の何時からどこで会ったかも明確ではない」
一線記者が興味深い指摘をした。
「安倍首相と加計理事長が会ったとして、日にちが違うのではないか。
この日(2015年2月25日)は日程的にタイトで、会えるとしたら夕食時だが、副大臣・官房長官と会食がセットされていた。
首相は加計理事長と『たびたび会う仲である』と言っている。
その日(2015年2月25日)は否定したが、別の日に会っている可能性がある」
そして、次の指摘も。
「もしこの日(2015年2月25日)に安倍首相が『いいね』と言ったとしたら、その直後(2015年6月30日)の『石破4条件』の閣議決定と矛盾が生じる」
その意味は。
「石破茂氏は当時、地方創生担当相で国家戦略特区担当だった。
2015年6月30日に、獣医学部新設に厳しい4条件を閣議決定した。
安倍首相がこれにクレームをつけた形跡がない」
日本獣医師会の会議録にこうある、という。
「石破氏は、北村直人・日本獣医師連盟委員長らに
『誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言にした』
と述べた」

●平成27年度第4回理事会の議事概要
Ⅰ 日 時:平成27 年9 月10 日(木) 14:00~17:00
http://nichiju.lin.gr.jp/mag/06811/a2.pdf
2 そ の 他
日本獣医師政治連盟の活動報告
北村委員長から,日本獣医師政治連盟は,6 月22 日の役員改選以降,北村委員長,鳥海副委員長,篠原幹事長,境会計責任者という布陣で発足したことが報告された.
さらに政治連盟は年度が1~12 月であるため,10 月2 日の第3回役員会が新役員による初の役員会となるが,7 月1 日には,日本獣医師会と連名で自由民主党の動物愛護推進議員連盟の総会の席上,マイクロチップ推進の要請書を正式に提出する等活動を進めている.
続いて8月25 日には,平成28 年度の農林水産関係予算についての団体要望並びに平成27年度 農政推進協議会総会に出席したが,次年度は獣医師関連の税制改正要望はなく,予算概算要求も農林水産省担当部局で確保されており,これを応援するという対応とした.
以降,衆参国会議員,特に獣医師問題議員連盟所属議員のセミナーに出席した.
なお,昨日,藏内会長とともに石破 茂地方創生大臣と2 時間にわたり意見交換をする機会を得た.
その際,大臣から今回の成長戦略における大学,学部の新設の条件については,大変苦慮したが,練りに練って誰がどのような形でも現実的に参入は困難という文言にした旨お聞きした.
このように石破大臣へも官邸からの相当な圧力があったものと考える.
しかし,特区での新設が認められる可能性もあり,構成獣医師にも理解を深めていただくよう,私が各地区の獣医師大会等に伺い,その旨説明をさせていただいている.
秋には内閣改造も行われると聞いており,新たな動きが想定されるが,政治連盟では,藏内会長と連携をとりながら対応していくので,各位のさらにご指導をお願いしたい旨が説明された.

●加計学園より遥かに大々的な日本獣医師会による働きかけは、なぜ一切問われないのか?
日本獣医師会から政治献金を受けた政治家による便宜や国会質問には、斡旋収賄罪の疑いがある。
日本獣医師会関係者、例えば、蔵内勇夫会長や北村直人委員長と、その日本獣医師会から献金を受けた国会議員、例えば国民民主党の玉木雄一郎共同代表や自民党の石破茂氏(両者100万円の献金受領)を国会に招致し積極的に議論すべきだ。
日本獣医師会から100万円の政治献金を受けた国民民主党の玉木雄一郎共同代表が、日本獣医師会の意向を汲んで、獣医学部新設反対に肩入れして、違法性がない安倍首相を追及していることは、なぜ問題視されないのか?
同じく安倍内閣の閣僚で日本獣医師会から100万円の政治献金を受けたことがある石破茂氏が「石破4条件」を閣議決定させてまでも、日本獣医師会の意向を汲んで、獣医学部新設反対に肩入れしていることは、なぜ問題視されないのか?

●「加計問題」愛媛新文書で炎上 朝日新聞は「首相動静」やめたら 朝日新聞へ「働き方改革へのススメ」...

meg********さん

2018/5/2406:47:32

モリカケはもううんざり。チャイナと朝鮮から反日メディアと反日野党に安倍政権を潰すように強い要請があるからです。

tkk********さん

2018/5/2404:19:16

こんな「嘘つき総理大臣」見たことない
自民党に正義を正す議員が居ないのは、自民党も「嘘つきの共犯者」
何回疑惑質問しても同じ 時間の無駄

司法、東京・大阪地検特捜部の「逮捕捜査」が入らなければ「白状しない」

「野党・朝日新聞・毎日新聞」しか疑惑追求出来ない日本の司法は「異常」

「三権分立」は民主主義の基本、日本の民主主義はどこに行った?

大統領の不正あれば「即逮捕」する隣の韓国の司法を見習え

nob********さん

2018/5/2323:37:40

●懲りない「朝日新聞・毎日新聞などの左派メディア」と「左派野党」の印象操作 傷つくのは加計学園の新入生だ
2018年5月23日
この1年、何度も見た光景だ。
今度は、2018年5月21日に愛媛県が国会へ提出した文書に、2015年2月25日に加計学園の加計孝太郎理事長と安倍晋三総理が面会したとする記録が残っていたという。
朝日新聞、毎日新聞は1面トップで鬼の首でも取ったようにデカデカと報じている。
朝日新聞「15年首相に加計氏説明」「獣医学部計画 首相『いいね』」
毎日新聞「獣医学部 首相『いいね』」
全く同じような扱いであり、タイトルだ。
文書によると、加計孝太郎理事長は
「今治市に設置予定の獣医学部では国際水準の獣医学教育を目指す」
と言い、これに対し総理は
「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」
とコメントしたという。
そして、これが、2017年7月に安倍晋三総理の衆院予算委員会の答弁で
「彼(加計孝太郎理事長)が私の地位や立場を利用して何かを成し遂げようとすることは1度もなかった」
と矛盾すると批判している。
しかし、加計学園側は2015年2月25日に安倍晋三総理と加計孝太郎理事長が面会したことは否定。
実際、その日の「首相動静」に安倍晋三総理と加計孝太郎理事長が会ったという記載がないことは朝日新聞も認めている。
安倍晋三総理と加計孝太郎理事長が、もし会っていたとして、2人の間で、もし、そんな話が出ていたとして、だからどうしたというのだ。
2017年5月17日の「総理のご意向」”スクープ”以来、朝日新聞はしきりに安倍晋三総理と加計孝太郎理事長の関係をあげつらってきたが、だからどうだというのだ。
よしんば2人の間でそういう会話があったとして、それが何か、悪いことなのか。
法に触れているのか。
朝日新聞をはじめとする左派メディアや左派野党が1年追及してきたこの問題の核心は、安倍晋三総理が加計学園に対して、何か特別の便宜を図り、それに対して、安倍晋三総理がカネを受け取ったとか、何か対価を得たとかそういう事実があったかどうか、法に触れるような不正に関わっていたかどうかではないか。
そして、この1年、そんな具体的な証拠は何1つ挙がっていない。
加計学園獣医学部の新設を安倍晋三総理がいつ・どこで知ったかとか、柳瀬唯夫元首相秘書官が誰と会い、安倍晋三総理に報告したとかしなかったとか、忖度があったとかなかったとか、そんなことはどうでもいい、枝葉末節の話だ。
要は安倍晋三総理が法に触れるような不正に関わっていたか、この1点に尽きる。
そして、繰り返すが、朝日新聞も他の左派メディアも、左派野党も、この1年、そんな証拠は何1つ示せていない。
ただ、ただ、疑惑を匂わせ、いかにも何かあったかのような印象操作を繰り返してきただけだ。
加計学園獣医学部の「認可申請」(受験資格を得る)は国家戦略特区諮問会議ワーキンググループ有識者の決定を経て最終的に安倍晋三総理が決めたもので、そこに何らの不正が入り込む余地もない。
実際、そんなことはなかったと八田達夫氏(国家戦略特区諮問会議有識者議員)も国会で証言している。
そして最終的に加計学園獣医学部の「認可決定」(試験に合格)の判断をしたのは文部科学省自身だ。
忘れてならないのは加計学園獣医学部はすでに2018年4月11日に開校し、186人(応募者は2300人)の学生たちが学んでいるという事実だ。
何1つ証拠も挙げられない印象操作報道で、一番迷惑を被り、傷ついているのは、この新入生たちだろう。
朝日新聞をはじめとする左派メディアや左派野党はそのことを考えたことはあるのか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる