ここから本文です

建築図面でわかる方教えてください。 天井高の表記ですが添付した図面のようなも...

syu********さん

2018/5/2112:20:50

建築図面でわかる方教えてください。
天井高の表記ですが添付した図面のようなものをよく見にします。
天井の高さが場所によってH450違うということですよね。

言っている意味は分かるのですが表記の仕方がいまいちわかりません。
斜めの線は何を意味しているのですか?
天井仕上げの上を意味しているのですか?下ですか?
この斜めの線をどこに表記するのかいつも迷うのです。

H450,天井,建築図面,断面図,図面,天井高,線

閲覧数:
1,219
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kit********さん

2018/5/2113:13:05

CHというのは、床仕上がりから天井仕上がりまでの高さです

この場合、部屋の主要部分は床から2600㎜、CH2150とは梁部分の仕上がりの高さになります

梁下=2320とは躯体の梁の高さで、そこに下地なり仕上げボードで仕上がった高さが2150㎜になるということ

斜め線は躯体の柱を表しています

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

umi********さん

2018/5/2118:07:21

**天井の高さが場所によってH450違うということですよね。
そだね。天井高さがFL+2600とFL+2150の2種類あるという事ですね。
CHについては、ご理解されているものとして。

**表記の仕方がいまいちわかりません。
この図面間違っていると思います。

**斜めの線は何を意味しているのですか?
天井裏、天井仕上げ材(ボード類)と下地(LGS)をアバウトに表していると思います。

**天井仕上げの上を意味しているのですか?下ですか?
本来は、「上」に表記するべきです。実際に近い形で描くべきです。
この図面は、間違っている。線に対して反対側に書くと分かりやすくなります。
書き込みで伝えにくければ、FLのラインを1本描いて高さ(2600・2150)を書き込めば、分かりやすくなると思います。

他社の施工図も見ることが出来ると勉強になるのですが。

ama********さん

2018/5/2116:59:59

この図のCH=2,600と描いてある右側から、中央の柱方向を見た立面図・断面図はこうなります。(添付図)
斜め線は仕上げよりも内側を現しています。
つまり影がない方が室内の空間です。
参考図では天井と梁の断面に斜め線を付けましたが、この天井伏図は天井と下がり天井の断面部分を表記しています。
左側の表記は間違いだと思います。
その至近にCH=2,150の表記がありますから。

この図のCH=2,600と描いてある右側から、中央の柱方向を見た立面図・断面図はこうなります。(添付図)...

mar********さん

2018/5/2116:37:29

梁下は当然に低くなりますね。

min********さん

2018/5/2116:36:23

このラインが下がり天井との境。
斜線は断面の略図で下端を示し、450が段差の寸法。
ただ、左にある略図の高低差が逆っぽい。

tad********さん

2018/5/2114:25:49

CHが天井高さ

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる