ここから本文です

借地権の存続期間は30年より短い期間は定められないのに、事業用定期借地権は10年...

bab********さん

2018/5/2211:43:02

借地権の存続期間は30年より短い期間は定められないのに、事業用定期借地権は10年以上であれば定められるのですか?よく理解できないのですが涙

事業用定期借地権,存続期間,借地借家法,特別法,短い期間,普通借地権,涙

閲覧数:
23
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sys********さん

2018/5/2519:14:52

民法では賃貸借契約の期間は20年を超えることができません。
それでは借主を保護できないため借地借家法という特別法で普通借地権の場合30年より短い契約をできないようにしています。
同じく借地借家法という特別法に「事業用定期借地権」も定められ、10年以上50年未満の契約期間を定めるようになっています。

質問の借地権は普通借地権の場合を指しているのだろうと思います。
借地権には種類があり普通借地権も事業用定期借地もその一つです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる