ここから本文です

《不の用法》 不可能 不透明 これは、-にあらずという否定の意味だと考えま...

茶茶都矢留是っっㅎㅎさん

2018/5/2410:06:32

《不の用法》

不可能
不透明
これは、-にあらずという否定の意味だと考えますが、

→「不死身」の不は、どのような使い方なんでしょうか?

補足「死体ではない」と考えると、不死身のもつ意味とは違うような気がします。

閲覧数:
41
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asu********さん

2018/5/2416:36:59

ふじみ【不死身】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ
① 打たれても切られても死なないこと。また、そのような体。 「 -のレスラー」
② どんな困難や失敗にもくじけない・こと(さま)。また、そのような人。
【大辞林 第三版】

で、死んだ身(死に体)にならずと言う意味です。■

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

muk********さん

編集あり2018/5/2418:40:32

問:―にあらずという否定の意味だと考えますが
答:いいえ、不は基本的に動詞を否定し「―せず」という意味に捉えるべき、または形容動詞を否定し「―ならず」と捉えるべきものです。
不可能や不透明は「可能だ」「透明だ」という形容動詞の否定、「可能ならず」であり「透明ならず」です。
または、可能は「できる」という意味の動詞で「できない」という意味の不可能、透明は「透き通る」という意味の動詞で「透き通らない」という意味の「不透明」と考えることもできるかと思います。
「―にあらず」は名詞を否定する「非」の意味であって「不」の意味には該当しません。あなたは可能や透明を名詞と思い込み、不を非の意味に捉えてしまったのです。


不要は「要にあらず」ではなく「要せず」ですし、「不合格」も「合格にあらず」ではなく「合格せず」です。

不死も「死にあらず」ではなく「死せず」「死なず」であり「死なない」という動詞としての否定です。
「不死身」は「死せぬ身」「死なぬ身」「死なない体」の意味となります。「死体にあらず」とはなりません。

lis********さん

2018/5/2416:09:30

不死鳥考えたらわかるやん
不死鳥は、死んだ鳥の否定=生きている鳥 やないわな


シリーズで質問出してはるけど、
知っててやっとんのかいな

runababyさん

2018/5/2416:01:57

不の使い方相当多いですよ、単なる否定じゃないです。

「不死身」は死なないからだ 。ゾンビやバンパイア等。
例えば:不速之客、不法之徒。
明らかに単純の否定じゃないでしょう

ご参考に

2018/5/2415:45:20

tan********さん

2018/5/2414:52:58

死ぬべき身にあらず;どんな傷を受けても必ず立ち直る、強いからだ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる