ここから本文です

振替加算について教えてください。

jim********さん

2008/9/1123:29:58

振替加算について教えてください。

昭和61年から国民年金は強制加入になったせいで、大正15年から昭和41年生まれの人は振替加算がつくとありますが、昭和41年生まれの人は昭和61年では20歳前後です。ここから保険料を納めれば年金受給資格の25年には十分だと思いますが、なぜ振替加算がつくのか教えてください。

閲覧数:
680
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

2008/9/1200:27:08

〉年金受給資格の25年には十分
問題はそこではなくて、保険料納付済み・第3号被保険者の月数が480ヶ月になるかどうかです。
つまり満額の老齢基礎年金を受けられるに足りる加入可能期間が用意されていたかどうか、ですよ。

1966年(昭和41年)4月1日までに生まれた人は、1986年4月~59歳11ヶ月の月数が480ヶ月に足りませんからね。

質問した人からのコメント

2008/9/15 11:56:25

ありがとうございました。二人の回答が有り、どちらもわかりやすかったのですが、私の質問の核に対しお答えいただいたのが、こちら様でしたので、ベストアンサーにさせてもらいました。年金、社会保障についてはむずかしいですねえ。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yos********さん

2008/9/1208:07:28

昭和41年生まれの人全てが振替加算の対象ではありません。

昭和41年4月1日以前に生まれた方が対象で、4月2日以降に生まれた方は対象にはなりません。

例えば、昭和41年1月2日に生まれた方は、昭和61年1月1日で20歳に到達します。
しかし、3号制度が施行されたのは4月からですから、この時に専業主婦の方は任意加入しない限りカラ期間になってしまいます。
また、4月1日に生まれた方も、20歳到達は3月31日になりますので、3月分はカラ期間になってしまいます。
このように、同じとしに生まれながら、制度施行前と施行後で不公平が生じてしまいますので、改正法施行前に生まれた方は対象になることとされました。

振替加算を語る際には25年の受給資格は関係ありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる