ここから本文です

オーラを写真で撮れるという店をみつけたのですが本当でしょうか?そのカメラはど...

yam********さん

2008/9/1200:30:28

オーラを写真で撮れるという店をみつけたのですが本当でしょうか?そのカメラはどんなカメラなんでしょうか?

閲覧数:
2,394
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ura********さん

2008/9/1807:34:37

オーラとはあなたの身体を取り巻く、卵形をした、微細な電磁場(生命エネルギーフィールド)です。オーラには、その人の肉体・感情・精神・霊性に関するの様々な情報があらわれます。感情的な傾向性やパターンや問題点、病気とその原因、人間関係、行動の動機、長所や潜在的な可能性や能力などです。また、過去世の影響や未来に影響を与えそうな現在の人格的傾向性なども見ることができます。オーラは全ての人が持っていますが、オーラは普通の人の目では見えません。身体の中にもう一つの身体が有り、二つの身体はピッタリと密着していると考えて下さい。もう一つの身体は普通の人では見えません。その見えない身体の中に魂が有ります。オーラは見えない体から出る光です。この光は魂を守る光でも有りますので、オーラに傷が付くと魂を守る事が出来なくなり、友人からのいじめを受けたり、魂が深く傷つく体験をしてしまうのです。オーラとは体を取り巻く一種のエネルギー媒体と考えられ、それをオーラと呼んでます。時には何種ものオーラカラーで形成され、主に4つから7つの層に分かれているといわれています。この層に何色のオーラが輝いているか、そしてその透明度、色の組み合わせ等を把握することにより、 現状のあなたの置かれている状態や、あなたの持つ特異性、性質等をよりいっそう理解することが出来ると言われています。オーラの波動は人それぞれで、人の指紋のようなモノと言えます。 人の性格を表すオーラの色は基本8色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫・白)といわれていますが、中間色や特異色を含めると21色にもなります。初対面の人なのに「気が合う」「合わない」と感じたり、またはある人がいるだけで、 その場の雰囲気が変わったり、ある人のことを考えていたら、その人から連絡が来たり・・・。こういった目には見えないけれども感じるものがオーラエネルギーの世界であり、 私たちは常にこういったエネルギーと共に生きているのです。オーラの色で性格がわかるとも言われています。:赤: 頑固で情熱的、理想家、短気 オレンジ: 庶民的、おっちょこちょい 色: ひょうきん、ほがらか 緑: 無欲な平和主義者 青: 冷静、現実主義 紫: 情愛が深い 金: 最も崇高な色、英知、リーダー気質 銀: 古風、地味 ど。オカルトやニューエイジでは、オーラは、生命活動や精神活動をつかさどる超自然的なエネルギーである生体エネルギーが、体から放出され、体を取り巻いたものだとされていますが、科学的根拠はありません。中国の気、インドのプラナなどと同一視することが多く、また、宗教画などに描かれる後光(ハロー)をオーラとみなすことがあります。科学的な用語を使うときは、オーラは、微弱な電気エネルギー、電磁場、光のエネルギーなどであるとされます。キルリアン写真に映るコロナ放電の光や、生化学反応の副産物である微弱生体発光(バイオフォトン)を、オーラだとすることがありますが、現在のところは、科学的検証もほとんどなされていないため、疑似科学という位置づけとなっています。最近、ヒーリングサロンの一部でオーラ撮影と称するサービスが行われています。アメリカのInneractive Enterprises社製のオーラビデオステーションという機材が使われていますが、撮影に際して電極に触れる必要があるなど、人体内を流れる微弱な電気信号をコンピュータグラフィック処理しているにすぎません。CCDカメラが付属しているので誤解を招きやすですが、これはデジタル合成のために必要なものであって、人間の目に見えないオーラをCCDカメラから撮影しているのではなく、CCDカメラ自身にはそのような性能はなく、製造元のサイト内に「オーラが撮影できる」という説明も見当たりません。ですからその店も多分ただのCGだと思います。嘘だと思います。

質問した人からのコメント

2008/9/18 11:41:28

抱きしめる どうもありがとうございました 大変分かりやすく助かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nnn********さん

2008/9/1211:04:45

2回撮ってもらったことがあります。
オーラが本当に撮れるかどうかは誰に訊いてもわかることじゃないさと思い、
お遊び感覚で気軽に撮ってもらいました。

レンズがノートパソコンに内蔵されている形で、
右か左か忘れましたが片手を機械みたいなのに乗せて撮影しました。
撮影してくださった方曰く、嘘発見器がベースになって作られたカメラらしいです。
撮影の後で、A4の用紙20ページくらいの解説をくれました。
読み応えがある量でした。

1回目はピンとくることも多く書いてありました。
当時の状況と合致することも多く、
こんなおもちゃみたいなものでも当たるんだなと思ったりしました。
2回目はついこの間ですが、あれ?と思うくらいピンときませんでした。
見当違いなことがたくさん書いてあって、ちょっとがっかりしましたが、
そんなこともあるだろうな、と思って済ませました。
やっぱりこれは遊びとして楽しむためのものだと思います。

shi********さん

2008/9/1201:42:32

オーラ写真は実際にオーラを撮っているのではなく、手から生体エネルギー(電磁波?)を読み取ってその情報をカラー映像に変換して写し出すものです。

ただ一応オーラ写真の開発にはオーラの視える人が携わっているらしいので、オーラの色やその色の意味などまんざらデタラメでもないようです。(オーラやオーラが視える人がいるという事が前提ですが)

私は撮った事はありませんが場所によってはオーラの解説をしてくれたり、解説書をもらえたりするようです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる