ここから本文です

区分所有法について、最初に専有部分の全部を所有するものというのはマンションを...

bab********さん

2018/5/2812:41:07

区分所有法について、最初に専有部分の全部を所有するものというのはマンションを新築して1番はじめの利用者ということですか?最初にという意味がわかりません

閲覧数:
75
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a1y********さん

2018/5/2816:24:46

マンションを建てた分譲業者のことです。分譲業者は普通、マンションを建てる敷地を単独で所有権または借地権を有しています。

そこに分譲業者がマンションを新築した場合、一棟の建物にある専有部分すべてを一括して同時に表示登記します。

すると、区分所有法22条に定められるように、専有部分と敷地利用権とを分離処分できなくなり、敷地利用権と専有部分とをワンセットにして分譲していくことになるわけです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

app********さん

2018/5/2820:31:28

いいえ、施主さんのことです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yas********さん

2018/5/2816:15:21

一般的には、マンションとか区分所有建物を建てた直後は、デベロッパーの持ち物ですよね。デベロッパーが完成した建物をゼネコンなどから引渡を受け、その後分譲しますよね。ですのでデベロッパーは、分譲する時点で、好きなように規約による共用部分や管理規約を設定することができます。
最もコーポラティブハウスのように、建築以前から区分所有者やその持ち分の決まっている区分所有建物も存在しますが、こちらのほうが特殊例でしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる