ここから本文です

先日、股関節痛で整形外科に診ていただきました、診断は股関節唇損傷と診断され、...

sky********さん

2018/5/3007:50:27

先日、股関節痛で整形外科に診ていただきました、診断は股関節唇損傷と診断され、ヒアルロン酸注射をしていただきました、その日は夜遅い時間に帰宅することになり車を駐車場にとめ、

歩こうとしたらひどい痛みで動くこともできなくなりました、家族に電話して迎えに出てきてもらい家路に着きました、注射の効果が全く出てないですが、効果が現れるまで時間はかかるのでしょうか?診察してから3日経ちますが足の付け根の痛みは変わらず歩行困難な状態が続いてます、同じような体験をした方アドバイスをお願いします。

閲覧数:
319
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ran********さん

2018/5/3020:23:32

股関節唇損傷については下記サイトが分かりやすいのでご覧ください。
ヒアルロン酸注射・・はなはだ??です。
下記では「局所麻酔やステロイド注射」とありますね・・それほどのものです。

聖路加国際病院 整形外科:股関節唇損傷の診断と治療
http://hospital.luke.ac.jp/guide/32_orthopedics/acetabular-labral-t...

股関節唇損傷の診断ということはMRI検査を受けたのですね。
但し、その医師は股関節専門医なのでしょうか?
整形外科医も部位によって得手・不得手があり、それにより診断や処置対応が微妙に違います。

股関節唇損傷に限って言えば、上記サイトの解説の通り「保存療法」で対応するか、それでもだめなら股関節鏡視下術となります。
但しこれとても痛みが解消するかどうかは個々の状態によりますし、
長い間我慢していたために大腿骨頭と臼蓋のズレによる軟骨磨滅や骨同士の当たりにより、股関節唇以外の部分の損傷があれば痛みは消えません。

体の中の「ヒップジョイント」という部分品が損傷した訳です。
残念ながら上半身を支える重要部位ですので自然治癒はなく、
完治術もありません。
骨切術・人工股関節置換術も全て現状維持手術です。
ですので整体などでお金をかけても意味がありません。

股関節は大腿骨頭・軟骨・臼蓋(お椀型の受け部分)から構成され、
そして腱・靭帯・筋肉で支えられ動かされています。
重要なのは股関節への負担をいかに軽減し、筋力を付けるかに尽きます。

体重が1kg増えると、片足の股関節に掛かる負担はその3倍、歩いて5倍、走って10倍以上(諸説あり)です。
運動は股関節に負担を掛けないで周辺の中臀筋・大臀筋・大腿筋、そして体幹の腹筋・背筋を鍛えることですね。
これを軽めで宜しいですから毎日続けることです。
これは以後にどのような手術を受けるにしても重要なことです。

また痛みにより筋肉が凝っていると思いますので、
ご自分でのマッサージやバンテリン・ボルタレンなども有効です。

私は先天性股関節脱臼の骨切術経験者です。
どうかおだいじに。

質問した人からのコメント

2018/5/30 20:28:50

回答ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる