ここから本文です

MRIで、DWIを自由呼吸下で撮影する理由を教えてください。 腹部などでは普通は息...

ghw********さん

2018/6/400:56:59

MRIで、DWIを自由呼吸下で撮影する理由を教えてください。
腹部などでは普通は息止めで撮影するのになぜでしょうか?

閲覧数:
73
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xcm********さん

2018/6/408:53:15

単純に呼吸によるアーチファクトの量の差です。

DWIはEPIを使った超高速撮像なのは分かっていますよね?
ですから体動を拾うとモーションアーチファクトが強く出やすいというのは理屈ですよね。

そこでDWI以外の普通のシーケンスで頭部MRIと腹部MRIの撮像を行う際に、息止めの意義と体動の量を考えれば分かると思いますが、頭部はどのシーケンスで息止めせずともモーションアーチファクトは殆ど無いのに対して、腹部は一部のシーケンスで息止めや呼吸同期をしないとアーチファクトが強く出ますよね?
これはDWIでも同じというわけです。

なんでこうなるのかについてですが、MRIの画像は放射線による撮影とは異なり、画像を作る際にKスペースに信号を詰めていき構成されますが、各シーケンス毎にKスペースに信号を詰める時間と回数が異なります。
ポイントになるのは信号には必要な信号と、アーチファクト等のノイズ成分が含まれていることです。

ですから後はパラメーターの意味を考えれば答えが出るわけで、
TRは信号を取得する回数を時間で示したもの
TEは一回の信号でKスペースを埋める時間
と考えて良いのですから、EPIはTRが超長く、TEは極短なのでその分Kスペースに入るノイズ成分を取得する回数が多くなるのです。
ですから頭部みたいに呼吸体動によるズレが少ない部位では、合計されるノイズは少なくなるので安静のみ、腹部のような呼吸体動によるズレが大きい部位では合計されるノイズが大きいので息止めが必須となるのです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nor********さん

2018/6/422:55:31

呼吸同期をかけずにってこと?
部位によるでしょとしか言いようがないですが、、、
上腹部なら体動があるから呼吸同期がいるし、下腹部は動かないからいらないし。
上腹部でもNEXあげれば自由呼吸でもいけなくはないが。

pen********さん

2018/6/401:57:26

水分子の自由な運動をそのまま解析することが目的ではないでしょうか?

強調画像で描き出す事で、急性期の炎症なり出血なりの細部をみれるからかと思います。

のんびり撮る分子の方向を揃えてから、ゆっくり回りだす様を撮るのでは正確さにかけるのだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる