ここから本文です

私は今年の3月24日に犬を避けようとして転倒、大腿骨骨幹部骨折で今まだ入院中...

you********さん

2018/6/505:20:26

私は今年の3月24日に犬を避けようとして転倒、大腿骨骨幹部骨折で今まだ入院中で、会社
は解雇されました。
飼い主は何のお詫びもありません。
足に今まだ痛みがあります。
小さい時、祖母が犬にかまれた事や向かいの

犬に
あとをつけられた事があってますます盲導犬、介助犬、警察犬、土佐犬、秋田犬 などすべての犬恐怖症になりました、
人に犬を近づける人もいます。
こんな私の気持ちを分かって頂けないでしょうか?

補足なるべく多くの人の回答をお願いします。

閲覧数:
194
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

far********さん

2018/6/505:27:26

じじいです。

なるほど、気持ちは解る。

しかし、転び方もあるだろうが、転倒したぐらいで大腿骨骨幹部骨折となれば自分の骨密度の方が心配になるはずだよ。

ワシも犬は嫌いだ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bah********さん

2018/6/517:17:02

気持ちが分からないわけではありませんが、分かってもらってどうなるのですか?
犬に対する恐怖症は、生涯持ち続けるか、いつかの段階で克服するか、あなた次第ではないでしょうか?

犬が怖いと思いながらこれから先を生きるのは少々きつくないでしょうか。

さて、骨折された際の事故に関してですが、飼い主から「何の連絡も無い」と言うのは本当ですか?

こちらのほうが問題ではありませんか?失業までされ、病院の治療費はどうなさるのでしょうか?

一般に、「犬に驚いて損害が生じた」と云うことであれば、慰謝料や損害賠償を請求できます。対象となる犬との接触が無くとも、関係ありません。
その時の状況では、酌量や過失程度の差によって、裁判所裁量の差が生じますが、仮に飼い主に過失(法規、条例違反)が無くとも、飼い主責任は回避できません。

もし、経済的(治療期間や再就職までの収入の欠損)な負担があり、対処したいのであれば警察に届けることをお勧めいたします。

飼い主過失がなかろうと、犬が原因で損害が生じた場合(びっくりして事故を起こした)は、飼い主に道義的責任が生じますので、対策を取られたほうが良いと思います。

実際に、犬によって人間が負傷していることですので、れっきとした事件です。
警察が詳細を調査し、被害者が告訴すれば裁判となり、過去の判例においても被害者が有利です。(犬との接触が無くともです)

先ずは、役所の生活衛生課へ相談されて、事情説明と対処法について聞いてください。
私なら、警察を動かします。

諸々、状況によりますが、数百万円レベルの賠償金となると思います。

そのような不埒な飼い主には、確固たる対応をお勧めいたします。

私もつい先日、歩道に繋留していた我が犬に、ご老人がびっくりして転倒されました。犬が吠えた事実はあるのですが、接触はしておりません。私の法規・条例違反は有りませんでしたが、訴訟になった場合は賠償金を払う事になったそうです。
幸い、お詫びに行ったりで、訴えられませんでしたが人間擁護の法律の精神から、あなたは賠償金を請求する権利があります。

関係機関への確認の意味で報告や相談をなさってください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる