ここから本文です

高3じろ。例えばTLCでメタンフェタミンがドンファンと犬から検出されたら、同じ死...

じろさん

2018/6/900:56:21

高3じろ。例えばTLCでメタンフェタミンがドンファンと犬から検出されたら、同じ死因と考えられませんか?
ワイドショーの偉い先生とかは検出に1か月かかるとか言ってますが、そんなにかかるものでしょうか?

東北大のSpring8など駆使すれば短期間で分析できそうですが、、、

じろ

閲覧数:
53
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

chi********さん

2018/6/1011:54:12

大学生の時少し有機化学を触った者です。
高校生でこういった事に疑問を持つことは本当に素晴らしいと思います。

結論から申し上げますと
①TLCは検出方法として論外。相当な前処理をすれば不可能でないレベル。

②Spring8はオーバースペックでこれまた論外。

③仮に犬の体からメタンフェタミン塩酸塩もしくはその分解・代謝物が検出されたとしても、同一の覚せい剤が使用されたと断定はできない。

以下に詳細を記載します。
①TLCを使用されたことはありますか?実際にやるとするとまず犬の血液or胃液を採取し、これを希釈して分析することになる思いますが、他の成分が多すぎ&濃すぎでそのままでは無理です、ある程度の精製が必要です。
仮にメタンフェタミンと同じRf値のスポットが幸い検出されたとします、
それだけではメタンフェタミンとは言い切れません、他の各種分析(NMR/MS/X線構造解析/元素分析等)結果があって初めて証明できます。しかも死後時間が経過しているので、検出対象としてはメタンフェタミン塩酸塩だけでなく、その代謝・分解物まで広げる必要があります。
こういった場合はまずLC-MSのような粗精製しながら分析できるものであたりをつけるのがベターかと思います。

②Spring8で何の分析をされるつもりなのでしょうか?放射光を用いたメタンフェタミンのX線結晶構造解析ならばそのへんの大学や研究所にある装置で十分です。

③ドンファンに使われた覚せい剤=犬に使われたブツとなれば、家の人間が犬を実験台とした可能性が高いと考えられますが、おそらく難しいと思います。同一の覚せい剤と断定するためには、その覚せい剤に含まれているメタンフェタミン以外の不純物の割合を照合する必要があると考えられます。今回は犬の死後時間が経過しているので、ブツがそのまま残っているとは考えづらいです。仮に犬の口の端にでも摂取前のブツが残っていれば可能性はありますが。

改めて高校生の時にこういった疑問を持てるのは素晴らしいと思います。引き続きお勉強の方頑張ってください、応援してます。

  • 質問者

    じろさん

    2018/6/1012:41:16

    ありがとうございます!
    一般の解析装置でピークが確認されればメタンフェタミンの定性は
    可能ですよね。
    で、、多分1日でできると思います。

    物の同一性、一致の確認に時間がかかるわけですね。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    水に対する塩酸メタンフェタミンの溶解度はかなり高く、医薬品の添付文書では「水に溶けやすく」です。
    確か、1リットルのペットボトルに水溶液で密輸が発覚した事件で、

    《塩酸メタンフェタミン400g/1リットルのペットボトル水》

    で検挙されたのを覚えています。



返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sev********さん

2018/6/919:36:09

じゃ、そうすれば。。。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる