ここから本文です

テイエムオペラオーとブエナビスタの持ち時計について テイエムオペラオーは常...

君のあさ。さん

2018/6/1300:53:27

テイエムオペラオーとブエナビスタの持ち時計について

テイエムオペラオーは常勝を誇る名馬でした。
しかし、彼の距離別最速走破タイムは、3200mを除いて負レースの時のものです。

これはいったいなぜなのでしょうか?勝つ時は手抜きして走っていたという証拠なのでしょうか?

1600m 1:36.7
2000m 1:58.7
2200m 2:11.9
2400m 2:23.8
2500m 2:33.3
3000m 3:07.7
3200m 3:16.2 勝
3600m 3:46.2


対するブエナビスタも同じような傾向なのですが、彼女の場合、各距離の持ち時計が抜群に良過ぎるのが特徴です。例年なら圧勝できるタイムが負レースばかりで記録されているのです。こちらはどういう説明が可能でしょうか?

1600m 1:31.9
2000m 1:56.4
2200m 2:10.3
2400m 2:24.2 勝
2500m 2:30.1

閲覧数:
77
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/6/1301:16:36

個人の見解です。

前者オペラオーはつまり、時計がかかる馬場、上がりがかかる馬場、時計が速くない展開に強かったことを意味していませんか?
もともと重馬場が得意なのは有名な話ですが、それを裏付けているな~と直感で思いました。高速馬場、全体時計が速い時は結局それが得意な馬、サンデー産駒など切れ味で勝る馬に負けていたとか?

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

「流行り」、「時代の流れ」では?

これは憶測に過ぎませんが、芝を短くしたりしてたとか?
昔と今では馬場の作りも違うと思うし、約10年で状況はかなり変わっていたと思われる。

どちらも本気でしょう。
ブエナビスタの時代であれば、オープンクラスでもテイエムオペラオーがG1を勝った走破タイムを上回っていた可能性もあるし、走破タイムでタイトルが取れる訳ではないってことですね。

馬場、メンバー構成、展開でタイムなんてのはコロッと変わります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

編集あり2018/6/1306:37:28

単純に対戦相手のレベルが違っていた、と私は受け止めていますが('_'?)
そしてテイエムオペラオー、ブエナビスタ共にそのタイムが自身が対応できる限界値、スピードの上限若しくはそれに近いタイムですね('_'?)
但し走破タイムはその時の馬場や展開に左右されますから速いから優秀とか遅いから劣等とは限りません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる