ここから本文です

干し葡萄は酒税法上の「葡萄」になりますか?

sek********さん

2018/6/1609:08:51

干し葡萄は酒税法上の「葡萄」になりますか?

閲覧数:
33
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ota********さん

2018/6/1702:53:03

そりゃなるだろう。

酒税法の関係でブドウが出てくるのは、酒税法第43条(みなし醸造)の11項で自家消費における混和酒の製造を認める部分と、その具体的な内容を定めた酒税法施行規則第13条3項で、後者に混和を禁じる材料のひとつとしてブドウ(やまぶどうを含む)と記載されてる。混和酒の製造方法から言って、生のブドウはNGだけど干しぶどうだけはOKなんていい加減な判断がされるはずがない。そんなん裁判しても通らんて。

あと、下の方でore********さんがいい加減なこと言ってるけど、酒税法はどんな原料からだろうと、許可の無い一切の醸造を禁じてる。干しぶどうだろうが生ブドウだろうが発酵したらアウトだよ。それと、酒税法で自家消費の混和酒の製造が認められたのは1962年の改正のことでもう50年以上も前だ。最近改正なんてしてない。最近の改正で条件が緩んだのは、租税特別措置法の酒税法関連の項目で、たとえば旅館や料亭で自家製梅酒など混和酒(酒税法43条11項および酒税法施行規則第13条3項の条件を満たしたもののみ)を店頭での消費に限って販売していいことになったってだけで、それ以外は以前と変わねーっつの。知ったかぶってデマばらまくなよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uoo********さん

2018/6/1622:46:42

葡萄自体は酒ではなくフルーツですです。
干しブドウはその加工品!

干しブドウで造る「アマローネ」は有名です。

aka********さん

2018/6/1621:06:18

貴方が何を目的としているのかわかりませんが、税務署によく聞いた方がいいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ore********さん

2018/6/1609:14:47

干しぶどうからの発酵は禁じられてないのと、麹なども販売okになりました。

酒税法が最近改正されて、自家製で自分のうちだけの利用は無申請で作る事はかまわなくなってます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる