ここから本文です

仕訳科目の質問です。

chi********さん

2018/6/1821:39:05

仕訳科目の質問です。

上司が60歳を過ぎ 当社規程の給与により、減額となりました。彼は以前の勤め先では 取締役だったので、雇用保険をかけておらず、補填の基準を満たしていなかったので、その分を当会社で負担する❗と、いう取り決めをして 毎月 給与を払っています。この給与補償部分は に関して 彼は給与補償として払われるものなので 所得税もかからないはず❗と、本人は言い張っています。けれど、所得税もかからないのであれば 福利厚生として 出金すべきですか それとも 補填とはいえ、給与なので、所得税を引くべきでしょうか

閲覧数:
37
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/6/1910:29:50

公的な制度に基づく負担を会社がされているわけでもなく、ただもらえない分を補てんしてもらっている以上給与課税です。

質問した人からのコメント

2018/6/19 13:20:48

面倒な質問に、回答 ありがとうございます。

実は、私も給与課税であると、思っていましたが、本人が あまりに頑なだったため、即答するのを躊躇ってしまったしだいです。
勇気を頂きました(笑) 、
本人に 今一度説明して 納得して貰い、給与課税として 支給したいと思います。
ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる