ここから本文です

【法や権利関係】廃墟の撮影と、それを利用した稼ぎの違法性は?

アバター

ID非公開さん

2018/6/2023:47:31

【法や権利関係】廃墟の撮影と、それを利用した稼ぎの違法性は?

廃墟があったとします。
➀敷地内に入らないで、景観を撮影した写真集 を販売する。
②敷地内に入り、撮影した写真集 を販売する。

これらの場合、どっちもやっちゃマズイですか?


また、
起訴されない限りは問題無いのでしょうか?

この質問は、男性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
12
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rev********さん

2018/6/2100:06:37

① 敷地内に入らないで、景観を撮影した場合には、建造物侵入にはならず、著作権法にも抵触しないので、基本的に刑事罰にはなりません。

ただし、物件の撮影を事前に許可を得ていたほうがクレームを回避できます。


② 敷地に立ち入った場合、写真自体が建造物侵入の証拠になってしまします。
所有者に発覚しない場合には、刑事事件化はしないでしょうが、有名な廃墟であったりすると、許可を得ていないのではといって写真を見た人が所有者に知らせ、しょゆ者から被害届を出されるおそれがあります。

所有者から被害届が出された場合には、建造物侵入で警察から取調べを受け、回数が多い、商業目的でしているとして悪質と考えられ、起訴される危険性があるので、②についてはあまりやらないほうがいいかと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/6/2101:13:23

    ここで聞くことでも無いかもしれませんが、
    廃墟があったとして、許可を得るにあたり、所有者を調べるにはどうしますか? 山奥の廃墟とかだと、住所定めるのも難しい。


    廃墟の写真集は、基本許可を得て発売されてる…んですよね?(知らないかw)

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる