ここから本文です

東京喰種14巻でエトと有馬が戦いましたが、本当はあの二人は仲間であの戦いは演技...

アバター

ID非公開さん

2018/6/2405:11:52

東京喰種14巻でエトと有馬が戦いましたが、本当はあの二人は仲間であの戦いは演技で最終的には有馬はエトを追っ払う(戦いの場から逃がす)算段だったんですよね?

だからその時のタイトルが「宴戯」=「演技」だったんでしょうか?まぁ有馬は演技だとしても手は抜かずエトも本当に容赦ないとイラっとしてましたが。

閲覧数:
113
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2018/6/2900:48:56

演技でもあり本気でもあるって感じだと思います
矛盾してますねごめんなさい
うまく説明できなくて

有馬の本当の実力ならすぐ倒せるはずなのですが白内障になっているのであまり見えていない状態での戦闘だと思いますのでなんとも言えないですね

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる