ここから本文です

曾ての忍者とはやはり、武士と並んで文武両道なイメージがありますが、 服部半蔵...

sho********さん

2018/6/2607:41:24

曾ての忍者とはやはり、武士と並んで文武両道なイメージがありますが、
服部半蔵や、佐助、才蔵、地雷也、鶴姫、三好青海入道も、全員、文武両道でしたか?

閲覧数:
24
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/6/2918:36:46

初代服部半蔵が、現場の忍者とされていて、
出自としては、中忍以下と考えられるので、文・武術ではなくて、忍術で頑張った。

二代目は戦国時代の足軽頭で学問は要求される立場ではない。

三代目以降が、江戸幕府の旗本扱いだから、多少勉強したかもしれないけど、番方の頭だったので、役方と違って俗に言うお役所仕事ではなくて、下っ端の軍人さん。

それも、参謀職でなくて、現場の小さい隊長さん。

やがては、幕府の地金から、桑名藩に仕官替え。
あんまりまじめに軍学なんぞに励む立場にないねえ。



他の人たちは、みなさん良くて中忍の下か、下忍だから文は勿論、本格的な武術・武道とは縁が無いです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mas********さん

2018/6/2611:42:24

服部半蔵正成は普通の武士。
父親が伊賀出身だったので、幕府ができたあとは伊賀同心の頭領となった。


あとは、忍者というのは諜報員・特殊工作員なので必ずしも文武に優れている必要はない。
個人格闘に強い方が有利には違いないが。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる