ここから本文です

文章まとまってないです。ごめんなさい。

kev********さん

2018/7/121:54:04

文章まとまってないです。ごめんなさい。

中三のバスケ部です。
先生に他の選手のスペースを作ることができる選手になれと言われました。リバウンドは積極的に行きシュートも打てたら打っていいと言われました。どのようにスペースをつくったらいいのでしょうか?
それって影の選手ですよね?
影で活躍しているNBA選手と言えば誰でしょうか?僕が思うのはドレイモンドグリーンとかだと思うんですけどね。
自分について!
スタメン
チームで2番目に背が高い
シュート力はそこそこで得意もないが苦手もあまりない
1体1を仕掛けたりもできる
リバウンドも参加できる
ガードもたまにする
SF的な役割ですかね?

閲覧数:
64
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mar********さん

2018/7/311:18:13

もう少しその先生もわかりやすくい言わないとね。わからないように言うのは指導じゃないよね。まあ、考えさせるためにわざと曖昧に言う場合もあると思うけど。

スペースは意図的に作る場合もあれば、出来る場合もある。

エースが何かをやると人が寄りますよね。そうすると、誰かがフリーになったり、偏りが出来てスペースが出来る。シュートも上手いとヘルプに行けないからスペースを作れます。

私は意図的にスペースを作ってチャンスメイクしてます。攻め方や崩し方はいろいろあるけど、わかりやすいところで言うと、「ペイント」です。3秒ルールがあるところ。

中学生レベルのバスケIQだと、「ペイントを荒らす」「ペイントにアタックする」という発想はないと思います。「積極的に行く」「リングにアタックする」程度でしょ?それは、バカでもします。

なぜ3秒ルールがあるか?あまりにもオフェンスが有利な場所だから。そこを、オフェンスで絡めないとしたらバカだと思いませんか?

単純にそこでシュート無理に打っても入る可能性は高いですが、それだと工夫が無いし、潰されますね。私はペイント部分に侵入してシュート打たないんですよ。もちろん、何もしてこないなら打ちますよ。そこに侵入する目的は「ディフェンスの収縮」が一つ。

そこに入ると、複数で守ってくる。そうすると、誰かがフリーになる。要するにスペースが作れる。スペースの最上級は「裏」です。背中を味方が取れたら次のプレーが簡単です。そのための囮です。

私も何でも出来ます。特にパスのセンスがある。知識も高いです。だから、そうやって囮になってアシストしてます。

あと、ペイントからのパスは見えやすいんです。ポストプレーも出来るのでローポストからリングじゃなくペイントにアタックしたら全部が見えます。パスし放題。

あとは、エースに45度で渡したら後の4人は逆側に集まってスペースを与えるのもスペースを作ることになる。スクリーンプレーで二人を引き連れてもスペースを作ることになる。フリーだと分かっていてもシュートフェイクまで入れて出し抜いてからパスするとヘルプに来れないとかいろいろある。

中学だと1オン1が得点源でオフェンスの主体でしょ?私たちは1オン1は最終手段です。1オン1よりも簡単なプレーをどうやってつくるのか?ここを常に考えてる。1オン1で3Pラインにオフェンスとディフェンスが横並びでスタートしたらめちゃオフェンス有利でしょ?それを、2対2以上なら作り出せるんですよ。

ですから、1オン1ばかりやってるチームは頭悪いんですよ。もったいないというか。

何が1オン1より状況が良いのか?どのくらい良いのか?どういう風にしたら相手を出し抜けるのか?常に考えてないとダメ。そして、自分で考えるのではなく、試合をたくさん見て学ぶことです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yug********さん

2018/7/302:00:28

スペーシングっていうのは単純にスペースを開けるだけではなく、ボールマンとの適切な距離を保つことです。スペーシングで大事なのはボールを持ってる選手がどういうことをやりたいか、どういう風に周りに動いて欲しいかを考えることです。それを踏まえて自分の強みを出すことで初めて有効なスペーシングが成立します。

まずはチームメイトの強みやプレイの傾向を普段から見て・話して理解してください。そして紹介で述べている「苦手もあまりない」「〜もできる」っていう部分のどこに本当の自分のストロングポイントがあるかを探してみましょう。そうすれば状況によって有効なスペーシングを理解できると思います。

ドレイモンドグリーンは派手なGSWの中では地味な存在に思えますが、彼のスピードとハンドリング、視野の広さはマッチアップする相手のインサイドプレイヤーには脅威であり異様です。そのため彼がボールをコントロールすることで安全にオフェンスを組み立てることができます。影ではなくしっかり戦力の1つとして貢献していますし、彼の強みを最大限活かそうとチームも戦術を組み立てています。自分がドレイモンドと役割が似ていると感じているなら尚更自分の明確な強みを作ったり、知ることは重要ですね。

kok********さん

2018/7/122:57:17

状況判断が悪いとか
台形周りでうろちょろしてるだけなんじゃないですか?
ま、この質問を先生にしろ。

hay********さん

2018/7/122:07:57

中3です。Gです。僕がいつも心がけていることは、まずコートを縦に半分に分けて左右何人ずついるか確認します。そこから相手の身長、味方と能力、位置を見てからパスをして左右どちらかにきれます。この時に左右どちらかを2:3の形を作ります。そうすることで2の方の味方がドライブした時のカバーの反応が遅れるので落ち着いてシュートを打つことができると思います。
さて、あなたはSFなら、相手と自分が1体1をした時に勝てるのか、まずそれを見極めましょう。もし勝てないのであればハイポストの位置にいればコーナーが空きます。また、ハイポストの位置から逆サイドのコーナーにきれてみれば、2:3から1:4になり、この1の選手をミスマッチの選手にすれば圧倒的にチームの点数が進むでしょう。3の場合は2の選手のウィークサイドへのドライブした時に、ハイポストの位置が穴場になります。その位置で貰えば、あなたの身長ならばほぼフリーで打てると思います。少しでも参考になれば幸いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる