ここから本文です

源平~幕末までの 面白かった歴史小説を教えて下さい? 良ければタイトルと作...

dav********さん

2018/7/311:59:56

源平~幕末までの
面白かった歴史小説を教えて下さい?

良ければタイトルと作家を教えて頂けたら
有り難いです。

・時代別でも構いません。
・この一冊がベストワンでもかまいません。

よろしくお願いします。m(__)m

補足皆さま、回答ありがとうございました。
一方だけBAを選ぶのが決めきれないので
投票BAにさせていただきます。

閲覧数:
136
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2018/7/401:42:27

・源平時代
高橋克彦さんの「炎立つ」(奥州藤原家の盛衰)
阿部龍太郎さんの「天馬、翔ける」(頼朝vs義経)

・鎌倉時代
杉本苑子さんの「竹ノ御所鞠子(源頼家の娘、鞠子の生涯。泣ける)
伴野朗さんの「元寇」
高橋直樹さんの「鎌倉攪乱」

・室町時代
杉本苑子さんの「華の碑文」(世阿弥の生涯を描く)
平岩弓枝さんの「獅子の座」(足利義満の生涯)
岡田秀文さんの「魔将軍」(足利義教の生涯)
南原幹雄さんの「天下の旗に叛いて 」(関東の雄、結城一族の叛乱)
垣根涼介さんの「室町無頼」(応仁の乱前夜、3人の男と1人の女の冒険物語)

・戦国時代
司馬遼太郎さんの「尻くらえ孫市」(雑賀鉄砲衆の頭領、雑賀孫市の青春)
天野純希さんの「破天の剣」(島津4兄弟の末弟、島津家久の短く激しい生涯)
隆慶一郎さんの「一夢庵風流記」(傾奇者、前田慶次の生涯を描く)
高橋克彦さんの「天を衝く」(東北、南部家に仕える武将、九戸政実の叛乱)
山本兼一さんの「利休にたずねよ」(千利休を主人公とした歴史小説)
真保裕一さんの「覇王の番人」(明智光秀の戦いと反逆を描く)
遠藤周作さんの「反逆」(織田信長に仕える荒木村重、明智光秀の反逆)
和田竜さんの「のぼうの城」(北条攻めをする秀吉に最後まで逆らった忍城)
井沢元彦さんの「野望」(武田信玄とその軍師、山本勘助の野望)
藤沢周平さんの「密謀」(関ヶ原の戦いを控えた石田三成と直江兼続の密謀)7

・江戸時代
門井慶喜さんの「家康、江戸を建てる」(大都市・江戸を作った家康と配下たち)
山本周五郎さんの「栄花物語」(田沼意次を先進的な政治家として描いた作品)
津本陽さんの「南海の龍」(徳川吉宗の青年時代を描く)

以上、いかがでしょう。

私のベストスリーは
①破天の剣(島津4兄弟が好きなので)
②竹ノ御所鞠子(読んでいて涙が止まらない)
③家康、江戸を建てる(読んでいてたのしい)
です。

  • 質問者

    dav********さん

    2018/7/519:04:20

    回答ありがとうございます♪

    準主役級の武将を読みたいと
    思っていましたので、沢山の
    情報をありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

noi********さん

2018/7/323:57:49

源平というと、吉川英治の「新平家物語」ですかね。昔読んだんで、内容はよく覚えてないですが。

宮尾本平家物語というのも、当時の貴族階級の女性や女官の様子が描かれていて味わいがある。


戦国時代から、幕末までというと、既出の司馬遼太郎。

個人的には、範囲外だが、日露戦争を描いた「坂の上の雲」が一番好き。

「菜の花の沖」は、江戸時代の廻船商人の出世物語だが、蝦夷地で和人がアイヌを奴隷化している様子や、ロシアとの話なども出てきて興味深い。

「新選組血風録」は、TVドラマの方が役者が濃くて好きだが、小説もなかなか。

後は既出の「花神」「国盗り物語」。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sar********さん

2018/7/320:13:27

司馬遼太郎氏には面白い作品がたくさんありますが、とくに好きなのが

国盗り物語
戦国時代から織豊時代まで

花神
NHKの大河ドラマ原作にもなった作品です。
時代は幕末です。

藤沢周平
義民が駆ける
天保年間に起きた「三方領地替え事件」を描いたものです。
自分たちの生活を守るためなら幕府の決定といえどおとなしく従
ったりしないたくましい人々が印象的です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kam********さん

2018/7/315:05:53

今日現在のマイベストです。

「天狗争乱」(吉村昭)

大河ドラマにしたいくらい面白かった。
彷徨える悲劇の急進的武装集団「天狗党」。
幕末ものではあまり表舞台にでてきませんが、
もっと脚光を浴びても良い存在だと思いました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

sab********さん

2018/7/312:07:38

■戦国
影武者徳川家康、死ぬことと見つけたり/隆慶一郎
風魔、陣借り平助/宮本昌孝
血の城、義元謀殺/鈴木英冶
異形の者/柳蒼二郎
嶽神/長谷川卓
哄う合戦屋/北沢秋
風神の門、梟の城/司馬遼太郎
忍びの森、戦都の陰陽師/武内涼

■江戸
妾屋昼兵衛女帳面、奥右筆秘帳/上田秀人
北町奉行所、戻り舟同心/長谷川卓
いのちなりけり、川あかり、潮騒/葉室麟
妻はくの一/風野真知雄

■幕末
壬生義士伝、一刀斎夢録/浅田次郎
慶応水滸伝/柳蒼二郎

■明治以降
五稜郭残党伝/佐々木譲
天切り松 闇がたり/浅田次郎

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる