昔の笑点で桂歌丸と三遊亭小圓遊のバトルを よくやっていましたが、 あのバトルはほとんどガチンコではないですか? リアルタイムで視ていましたが、 あのバトルは演技とか冗談を超えていたような?

昔の笑点で桂歌丸と三遊亭小圓遊のバトルを よくやっていましたが、 あのバトルはほとんどガチンコではないですか? リアルタイムで視ていましたが、 あのバトルは演技とか冗談を超えていたような?

補足

二人のバトルを当時、小学生の私は 「おっちゃん同士が本気でケンカしている!」と かなり興奮してみておりました。 今となっては懐かしい話です・・

落語、寄席1,049閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

あの二人はとても親交があり、桂歌丸は三遊亭小圓遊によく稽古をつけてあげてた間柄です。 二人が仲良く食事などすると、周りの人が騒いだりするので、二人だけでの外出はしないようにした、とのことです。 笑点では、構成、演出でいろいろなキャラクターや犬猿の仲を創ったりしています。 それも作戦のうち、ですね。

1人がナイス!しています

捕捉を読みました。 小学生が観たら「本気」に見えますよね。 これだけ情報がたくさんある時代なのに、大人ですら歌丸師匠と円楽師匠が本気で言い合っていると思ったり、好楽師匠が貧乏してると思っている人がいたりします。

その他の回答(2件)

1

私もリアルタイムで両者のやり取り笑ってました。 歌さんが「バケモノ!」ってよく言ってましたね。 小円遊師匠のキザなしぐさも良かったな。 TV番組でのバトルはヤラセか当事者のじゃれ合い。 ゲーノー人のバトルは電波に乗らないところでやります。 歌さんと円楽の悪口言い合いも「笑い」の為。 円楽にしてみりゃ歌丸師匠は上位者。マジのケンカなんか出来ません。 昔から馴染んでた人たちが先に逝く。 自然の摂理。 悲しい、辛いけどね。 今頃、先に逝った小円遊、談志、先代の円楽という師匠の皆さんと「遅かったなあ。ずいぶんと待たせやがって」、「お前らが呼ぶもんだからから来ちまった」なんてやってるんじゃないの。 合掌

1人がナイス!しています

0

ガチンコではないです。 ネタ合わせのないネタみたいなものですよ。 いつしかそれが笑点の風物詩みたいになったんですよ。