ここから本文です

投票受付終了まであと4日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

今現在、気象関係にかけているお金(税金分)は金額的にふさわしいのでしょうか?

アバター

ID非公開さん

2018/7/1219:00:04

今現在、気象関係にかけているお金(税金分)は金額的にふさわしいのでしょうか?

「戻り梅雨」などという体の良い言葉で逃げているようで、一旦梅雨明けしたと宣言したからには、あってはいけないと思うのです。
実はそこまで観測データは揃えられないのが現状なんじゃないのですか?
だったら過去に例が無い位の対策にお金を注ぐべきじゃないのですか?気象関係者を動員して!

閲覧数:
32
回答数:
5

違反報告

回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nge********さん

2018/7/1509:44:25

まず、梅雨明けを発表したのは関東地方で、大雨時は西日本はまだ梅雨期間でした。また、梅雨の入り明けは速報であり、秋ごろに確定されます。予め変更があると説明されてますので、それについての意見は違うと思いますが。
また、今回の気象庁の対応は早かったと思います。
大雨を対象とした事前の会見なんて、初めて見ましたし、警報なども早くから出ていました。気象情報を自治体やマスコミに流すまでが気象庁の仕事なので、税金分は働いていたんじゃないですか。
あと、気象庁の年間予算は600億円位のようですが、これで全国1000箇所以上のアメダスや気象衛星、気象レーダーのなどの整備、更に人件費と考えると逆に大丈夫?と思いました。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/7/1510:43:16

    >気象情報を自治体やマスコミに流すまでが気象庁の仕事なので、税金分は働いていたんじゃないですか。

    気象庁の仕事の今のミッション自体が不充分だと思います。
    気象庁には、予報そのものにもっと自信を持ってほしいと思うのです。
    例えば、“
    「広島、岡山にはこれこれ位の災害が起こるという自信があります」と気象庁の長官の首をかけて言ってほしいと思うのです。
    で、更に法改正して、災害を未然に防ぐべく自衛隊を事前に動かす位の権限も持ってほしいと思うのです。
    今は、地方自治体も想定外という言葉で逃げてますよね。それもまずいと思うのです。
    どうしても自信が持てないなら、気象庁関係者総動員で汗を流して被災地で活動するか、或いは事前に地方自治体を説得して回るのが正しい方向じゃないのですか?
    高性能データを駆使して割り出し、最後に「お気をつけ下さい」と言ってるのが現状ですよね!こんなミッションをよく許しているものだと思います。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

wx_********さん

2018/7/1312:41:40

金額的に多すぎるので、削減しています。今後は地方気象台を廃止する方向で動いています。

uny********さん

2018/7/1308:02:34

なんというか、『気象庁のおかげで』という事象を見なさすぎ、、、、、、。

気象庁がなかったら、4月5月の遅霜で毎年、兆クラスの農業被害っすね。
メイストームと台風の大風で漁船転覆、農業被害が明治以前のレベルになりますね。

長期予報がほぼなくなりますから、数年に一度の割合で8月にダムが渇れるのではないですか?
長期予報で雨が少ないと思われるとき、地域全体の貯水率が8割超えていても取水制限かけることがあるの知ってた?

そして、
東京都の三原山の火山活動による全島避難は気象庁がなかったら、実行されていなく、火山ガスのせいで島民に数千人クラスの被害が出たと思うんですか、、、、、
何年かたって島に帰ったら、居住地にある植木の半分くらいが枯れてた、、、、。

他にも飛行機関係もヤバイの分かってます?

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/7/1310:22:46

    気象庁が大事なのは認識しています。
    しかし、最近の主に水による災害は気象庁から「お気を付け下さい!」と言われても結局動ける範囲には限界があるものであり、それこそ自衛隊が気象庁と連動し、災難が起きる前に対策する位のことをしないといけないんじゃないですか?
    例えて言うなら『信号機の無い交差点に事故が多発するから設置する という事後の判断ではダメなんじゃないですか?』
    現法だと総理の判断がmustでしたっけ?それじゃあ手遅れになるんじゃないですか?事前の“情報”だけではなく“事前に行動出来る体制”が求められているのではないですか?
    裏を返せば、気象庁が発する情報には、もっと自身で自信を持って欲しいし、そこのトップは、お騒がせだけで大きく外れたら辞任する位の覚悟でやってほしいと思うのですが。
    それは辛いなら気象庁関係者ご自身が動いてはいかがでしょうか という提案なのですが?

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

nvw********さん

2018/7/1219:35:37

【今現在、気象関係にかけているお金(税金分)は金額的にふさわしいのでしょうか?】(ID非公開さん)


・今年度の予算は
「ホーム > 気象庁について > 報道発表資料 > 平成29年報道発表資料 > 平成30年度気象庁関係予算決定概要」<https://www.jma.go.jp/jma/press/1712/22a/30kettei.html>

にあります。

「気象関係にかけているお金(税金分)は金額的にふさわしい」かどうは解りませんので、

「平成30年度気象庁関係予算決定概要 [PDF形式:5,134KB]」
「平成30年度気象庁予算案の概要について(組織及び定員関係) [PDF形式:7KB]」

を精査してみては如何でしょうか。

毎年の予算は、「ホーム > 新着情報」<https://www.jma.go.jp/jma/press/topics.html>から探してください。



・今回の「平成 30 年7月豪雨」で、NHKの解説では
「大雨・洪水警報の危険度分布
・土砂災害警戒判定メッシュ情報
・大雨警報(浸水害)の危険度分布
・洪水警報の危険度分布」
<http://www.jma.go.jp/jp/warn/>の右側
を使ってましたが、

このシステム「大雨・洪水警報の危険度分布」活用したのでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kom********さん

2018/7/1219:15:42

「梅雨宣言は『梅雨明け』の気象配置になったと思われる。」であり、絶対のものではありません。

気象現象に対し日本はかなり真面目にお金を使っています。少なくとも今回の参議院議員の定数を6名増やすような、適当かつ与党のためだけを考えた、いい加減なお金の使い方はしていません。

気象衛星のデータも先進国どおしは公開しています。この公開データを含め日本の気象衛星のデータはオーストリアやニュージーランドやアジア各国にも提供され災害を未然に防ぐことに役立っています。

今回の集中豪雨については、
警報の段階で何処へどうやって避難するか。
特別警報が出たと同時に直に避難する。
これが事前にに全員に訓練されていて実践できていれば貴重な人命の多くが助かったでしょう。

皆さん今後のため、家族や友人を含め如何に機動的に行動するかを、具体的な手段とともに共有し訓練しきちんと決めておきましょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる