ここから本文です

やさし蔵人について質問です。この話はなぜこんなにも作者から大納言に対する尊敬...

アバター

ID非公開さん

2018/7/715:49:26

やさし蔵人について質問です。この話はなぜこんなにも作者から大納言に対する尊敬が多いのですが、また、蔵人から大納言への尊敬語だと思うところも作者から大納言だったりします。蔵人と作者は同一人物ですか?

閲覧数:
10
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

lie********さん

2018/7/716:35:52

『今物語』十 やさし蔵人

>この話はなぜこんなにも作者から大納言に対する尊敬が多いのですが、

「こんなにも」とおっしゃいますが、これが普通ですよ。
作者は藤原 信実、正四位下・左京権大夫。
「大納言」は徳大寺実定、のち正二位・左大臣。「後徳大寺左大臣」と呼ばれる人ですから、身分はずっと上です。

>蔵人から大納言への尊敬語だと思うところも作者から大納言だったりします。

でも、蔵人が大納言に直接ものを言ったのは「かくこそ」の一言だけで、しかもこれは省略形ですから、ここに敬語はありません。もし省略せずに「かくこそ申し侍りしか」などであれば、尊敬語になるでしょうが。
この話の他の会話文はすべて中納言から蔵人への言葉ですから、敬語は無くて当たり前。地の文が作者からの敬語であるのも当たり前です。

>蔵人と作者は同一人物ですか?

この蔵人は別の資料によれば藤原経尹、左兵衛尉、従五位下。作者よりもっと低い身分です。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/7/718:57:25

    わかりやすい説明ありがとうございました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる