ここから本文です

米グーグルの量子AIラボは5日、超電導状態で稼働する72量子ビットの量子プロセ...

アバター

ID非公開さん

2018/7/1406:37:05

米グーグルの量子AIラボは5日、超電導状態で稼働する72量子ビットの量子プロセッサーを開発したと発表した。

グーグルではこのプロセッサーをもとに課題となっているエラー率の低減などの研究に取り組みながら、量子コンピューターが従来のスーパーコンピューターの処理能力を超える「クオンタム・スプレマシー」(量子超越性)の実現や量子電算機の大規模化を狙う。

「ブリスルコーン(Bristlecone)」と名付けたプロセッサーで、米ロサンゼルスで3月5~9日に開催中の米物理学会(APS)の年次会合で発表した。グーグルは2014年に9量子ビットのプロセッサーを発表し、データの読み出しで1%、1量子ビットゲートの場合に0.1%、2量子ビットゲートで0.6%と低いエラー率を報告していた。その9量子ビットでの技術をベースに、素子を正方形に72個並べたプロセッサーを今回製作した。

量子コンピューターは量子力学の重ね合わせの原理を利用し、素因数分解や量子化学計算といった難しい計算を、現在のスーパーコンピューターより高速に処理することができる「夢のコンピューター」として、早期の実用化が期待されている。

ただ、実際の量子コンピューターでは、「0」と「1」の状態を重ね合わせた「量子ビット」の素子がわずかにエラーを持ち、こうした量子ビットをいくつも組み合わせて計算を続けていくと間違った計算結果につながってしまう。

そのため、必要に応じて誤りを訂正する機構が必要になり、量子コンピューターを大規模化すればするほどエラー訂正機構も大きくなることから、計算のパフォーマンスが上がりにくくなるジレンマを抱えていた。エラー率をいかに小さくするかが量子コンピューターを大規模化する上で最大の課題の一つとなっている。

グーグル量子AIラボでは16年、49量子ビットの量子コンピューターであれば量子超越性が理論上は実現可能という内容の研究論文を出していた。その予測はまだ実現していないが、「ブリスルコーン」を実験台に量子コンピューターでのエラー率の低減と大規模化、さらにシミュレーションや機械学習などの応用研究に活用を進めていく。


https://newswitch.jp/p/12238

閲覧数:
23
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zat********さん

2018/7/1406:58:51

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/061700004/121300243/

量子ゲート方式の量子コンピュータには、いくつか越えなければならない壁がある(図)。一つは、従来型のコンピュータよりも計算能力が高いことを示す量子超越性の壁で、これは近い時期に越えられる可能性がある。しかし、次なる壁として「実用性の壁」が待ち構えている。

  • zat********さん

    2018/7/1407:13:02

    量子プロセッサーの特長は高速に計算できることではなくて、並列して探索できる(どのルートの可能性が高いか)なので、それに適した計算対象とアルゴリズム(量子状態との対応)が必要となります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jfa********さん

2018/7/1406:40:03

実際の商品に搭載されて、実用化されるといいですね

「ブリスルコーン、量子コンピュータ」に関する回答受付中の質問

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる