ここから本文です

交通事故で受けた損害ですが、怪我は治るまで面倒を見る。壊れたものはしっかりと...

sao********さん

2018/7/1407:26:39

交通事故で受けた損害ですが、怪我は治るまで面倒を見る。壊れたものはしっかりと直す。事故によって働けなかった分はしっかりと補償する。

この3つの柱さえしっかりと補償出来れば慰謝料は要らないと思うんですけど。
慰謝料の事ばかりを気にする人って恥ずかしくないのかな?と思って。身体は別ですが、そういう人って生活が元に戻ればそれで良いとは思えないのかなあ?

補足慰謝料がお金だからみんないやらしくなるんですよね、野菜とか農作物にすれば良いのに。

閲覧数:
120
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sib********さん

2018/7/1413:02:42

人身部分の賠償は主治医が必要と認めている範囲だけです
症状が残存していても主治医が症状固定と診断すれば
相手からの賠償はそこまでです
残存している症状が有る一定以下なら
後遺障害の対象にもなりません

>>怪我は治るまで面倒を見る<<
は法的に無理です

交通事故に限らず物の破損に対する賠償は
その物の評価額(時価)か修理費の低い方の金額が
法的な損害額となります
修理費が時価を超えれば全額など補償されません

>>壊れたものはしっかりと直す<<
も法的に無理なことが多いし
そもそも物損部分は慰謝料には関係しません

>>事故によって働けなかった分は<<
職形態によっては全く不十分な補償しか受けられません

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ter********さん

2018/7/1507:57:53

3つの柱と仰る事が問題なく履行されるのであれば私も十分だと思います。

慰謝料の事ばかりを気にする人?いますよね。だけど、貰えるものだと思うから気にもなるのでしょう。

入通院慰謝料など、貰ったところで慰めにもなりません。

後遺障害の12級以上を受けた人は別です。

oas********さん

2018/7/1415:41:47

あなた事故にあったことないでしょ?

慰藉料なんてたかが知れているんですよ。
裁判をしても認定される損害は限度があります。

証明できない体の異常。これは慰謝料云々以前の問題です。証明できなければゼロです。

休業補償。すべての人がけがをして会社に損害を与えてそのまま会社に在籍できるわけではありません。自営業の方の場合は証明が不十分ですと正確な額の休業損害すら認められません。

治療が長引きうつ病になった方もいます。他覚所見ないために未熟ない医師の場合患者のせいにしたりします。診る人が診れば認められるのにね。半年で打ち切られその後は自費で通院している方もいます。

すべてのサポートを加害者がしますか?保険会社がしますか?適正な病院を紹介してくれますか?二年でも三年でも十分なサポートをしますか?

もう少し勉強されてから質問されてください。

>慰謝料がお金だからみんないやらしくなるんですよね、野菜とか農作物にすれば良いのに。

あなた程度の人間の給料は今後はレタス一個で十分です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

ich********さん

2018/7/1414:06:12

今ある制度は、それぞれ合理的な理由によって、なされているケースが多いと思いますが、制度がある以上、疑問があるケースもあります。

貴方が書いている慰謝料は、通院慰謝料の事だと思いますが、医師の指示通りに通院しても、慰謝料を気にして通院しても大きな違いはありません。

ところが、後遺障害認定後、どのような請求をするかで、慰謝料・逸失利益は全く違ってしまい、私自身のケースでも12級5号認定(人身傷害条項使用で逸失利益無し)、相手側自賠責保険に被害者請求しようかと、時効を前に、迷っている部分があります。

que********さん

2018/7/1409:02:51

>この3つの柱さえしっかりと補償出来れば慰謝料は
>要らないと思うんですけど。

その通りです。しかし、それができないから
慰謝料というものがあるのです。
一番の理想は、「事故の事実を無くすこと」です。
そんなエスパーみたいな事ができれば、最高です。

1つ挙げると、「壊れたものはしっかり直す」とありますが、
例えば貴方が新車で購入した車を無過失で破損されたとしましょう。
修理して、とりあえずは動けるようになりました。
しばらくして、その車を下取りに出したら、事故車だから
下取り価格は一般の査定よりは低くなります(その差は不明)、
となった場合、貴方は無過失の事故なのに、納得できるでしょうか?

「しっかり」というのが無理なのです。
事故した事実は無かった事にはできません。
物損の賠償には慰謝料はありませんが、身体の損傷には
無かった事にはできない分、代替え措置として金銭で、
というものが慰謝料です。
「生活が元に戻れば」良いのですが、「元に戻る」の
定義が難しいのです。

まぁ私は、仰るように慰謝料目当ての者もいますから、
自賠責基準の場合でも、慰謝料は過失割合にするべきだ、
とは思いますが。
(そうしないと、保険料全体が高くなる)

bs1********さん

2018/7/1408:04:27

そうですね、通院慰謝料がなければ詐病し、通院する輩もいなくなり、自賠責保険も安くなりますし、良いことですね。

後遺障害慰謝料については必要だと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる