ここから本文です

政治学者の篠田英朗氏によれば、ある憲法学者が自衛隊は「フルスペックの軍隊では...

ken********さん

2018/7/1519:01:26

政治学者の篠田英朗氏によれば、ある憲法学者が自衛隊は「フルスペックの軍隊ではない」と、司法試験、公務員試験、大学定期試験を通じて宣伝していたそうです。

このような解釈をした憲法学者とはいったい誰でしょうか?
これを反対解釈すれば、自衛隊は「フルスペックではない軍隊である」となります。
“フルスペックの”という前提条件を付け加える合理性を考えると、限定放棄説(自衛のための軍隊は合憲と解する説)を採用している学者であるとは思いますが、もしそうでなければ、限定放棄説以外の憲法9条2項解釈は、フルスペックかどうかに限らず「軍隊」そのものの保持を認めていません。
これは憲法9条を改正したくないあまりに、矛盾すら気づかなくなってしまった限定放棄説以外を採用している学者の暴走でしょうか?
それとも文字通り、限定放棄説を採用している学者でしょうか?

閲覧数:
70
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kk0********さん

2018/7/1707:05:58

9条というデタラメな馬鹿たれ憲法を存続したい、くるくるパーの言い訳です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

zer********さん

2018/7/2102:43:54

先日も申し上げた通り、その憲法学者の実在を確認できないまま、このような質問を知恵袋に書くこと自体が間違いです。
篠田氏が「ある憲法学者」と言ったなら、それはあなたが篠田氏に聞く以外に答えは出ませんから。

百歩譲って、そういう「宣伝」に直面した人を探しているとしても、質問として許されるのは「いったい誰でしょうか?」までです。

その後の「反対解釈」がどうのなどという話は、完全にあなたの脳内ストーリーの話であって、あなたは「暴走」という印象を人々に植え付ける目的でこの質問を書かれているとしか、解しようがありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる