ここから本文です

冬に日本海や黄海、東シナ海で発生する筋状の雲域に、オープンセルやクローズドセ...

アバター

ID非公開さん

2018/7/2715:00:03

冬に日本海や黄海、東シナ海で発生する筋状の雲域に、オープンセルやクローズドセルも混ざってます。
分類する際、オープンセルやクローズドセルは筋状の雲の中には含まれないという認識で大丈

夫でしょうか?

また、オープンセルはクローズドセルより海面と気塊の温度差が大きいときに発生するようですが、
いわゆる筋状の雲とオープンセル、クローズドセルの発生要因の違いはなんなのでしょうか?
同じ海域でも違う雲が発生しているため疑問に思いました。
よろしくお願いします。

補足すいません、追加です。

これらの雲域は対流雲が主体でしょうか?

閲覧数:
24
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tri********さん

2018/7/2716:46:48

筋状ならばもちろんセル構造ではないですね。
セルになるか筋状になるかは、鉛直シアの程度で決まります。
上空ほど風が強いなら、対流のセル構造が崩れて筋状になります。

流れ込む空気の気温が低いことによる、対流雲でできています。
オープン・クローズの差は、対流の強さつまり海水温との温度差です。

アバター

質問した人からのコメント

2018/7/31 13:14:28

ありがとうございました

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる