ここから本文です

『原発テロ対策に大型巡視船! 日本海側の要、2隻配備へ!

blu********さん

2018/7/2119:29:45

『原発テロ対策に大型巡視船! 日本海側の要、2隻配備へ!

』2018/7/21


◆原発テロ対策
「15基の原発が集中立地する福井県に大型巡視船2隻を配備する」
※日本の原発は、欧米の原発とは違って、飛行機の衝突やミサイルの攻撃に耐えられない脆弱な構造になっている。特に海側からの攻撃に極めて弱い。


日本海側も太平洋側も、全国の原発へのテロ対策に、大型巡視船の配備は何隻が必要になる?

さらに、陸上でのテロ対策はどうなっている?
全国54基と六ケ所村などに対して、
機関銃などの装備をもつ自衛隊員が、24時間体制で、何人くらいで見張るのか?

それらのテロ対策費用は、いくらくらいになる?
その費用を原発の発電コストに含めると、いくら上がる?


そこまでして、原発が必要か?
本当は、原発は、もう完全に不要になっているのでは?

原発を全て速やかに廃止宣言して、核廃棄物の管理/運用方法を明確にすれば、それらのテロ対策費用は大幅に削減できるのでは?
ただでさえ少子高齢化で厳しい日本、無駄な経費は削減すべきであり、原発はその存在自体が史上最大の凄まじい無駄なのでは?



・・・

『原発テロ対策に大型巡視船 日本海側の要、2隻配備へ』2018/7/21 東京

「原発のテロ対策を目的に、海上保安庁が2019年度から順次、15基の原発が集中立地する福井県に大型巡視船2隻を配備することが21日、関係者への取材で分かった。東京電力柏崎刈羽(新潟県)、中国電力島根(島根県)といった原発での有事にも対応可能で、日本海側の要にする。今後同規模の巡視船を全国に展開していく方針。

原子力施設への攻撃や放射性物質を使った爆弾の製造など核テロの脅威は国際的に高まっている。政府は国際原子力機関(IAEA)との対策協力を決めており、20年東京五輪・パラリンピックに向け体制整備を加速させる。北朝鮮漁船の違法操業や不審船の警備も念頭に置く。(共同)」



・・・

<本当は、発電コストは原子力が圧倒的に高い!>

◆維持費:震災後7年間で9.8兆円(未稼働原発7兆円)
◆建設費/百万kW:1兆円以上(LNG火力700億円)
◆燃料費(MOX燃料): ウランの9倍 再稼働で燃料費は増加!
◆廃炉費用/1基:約千億円
◆安全にならない安全化費用:4兆円以上
◆事故原発の収束費用:9→21.5→70兆円
◆東海村再処理施設の廃炉費用:70年間 1兆円
◆核燃料サイクル(六ケ所再処理など):13.9兆円
◆もんじゅの次の高速炉開発:数兆円
◆中間貯蔵施設:再稼働で増える使用済み核燃料棒で増設要:1兆円
◆電源三法交付金: 総額9兆円
◆原発関連の随意契約/天下り/寄付金/広告宣伝費の無駄使い: 年間数兆円?
◆次の原発事故への賠償金の積立て/保険: 行なわない
◆核廃棄物の将来コスト: 百万年管理する建物の建築費だけで「数千兆円」
もしMOX燃料を使えばさらに10倍のコストに!
◆テロ対策費:


全て電気代と税金の無駄使い!
原発を維持すると、日本国民は大損する!



・・・

<原発が無い方が、圧倒的に、燃料費もCO2も削減できる!>

(1)原発を即時に廃止宣言すれば、それだけで、

(2)老朽火力から効率良い「LNG火力」への更新・転換が一気に進む。
余りにも採算性が良いので、民間資金による一般の企業活動として。
→それだけで燃料費もCO2も約1/2に減少する
→輸入燃料費の削減で莫大な利益が発生する

※LNG火力は、出力調整が容易なので、再エネの出力変動を調整できる

(3)再エネ
出力調整のできない「原発」を廃止し、出力調整の苦手な「石炭火力」を縮小すれば、
その分、再エネを大幅に拡大できるようになり、世界各国と同様に日本でも、2030年再生エネ比率50%が可能になる。

※日本は世界でも特に再エネ資源に恵まれ、ドイツの9倍の資源量がある


原発を即時に廃止宣言すれば
・再エネコストが世界各国と同様に大幅に下がり
・LNG火力と再生エネで、輸入燃料費は大幅に減少し
・2030年までに燃料費もCO2も1/4に削減できる!



・・・

<なぜ世界中で日本だけ再エネコストが下がるのが遅いのか?>

①原発のために電力市場が開放されていない

世界で日本だけが
・電力自由化が遅れ
・電力自由化が骨抜きにされ
・公正な自由競争環境が実現されず
・再エネの導入量が少なく、量産効果が実現できない

②政府・自民党と、経団連幹部企業群と、大手電力会社が、過去の縮小する産業である「原発」や「石炭火力」の既得権益を、執拗に守ろうとしている

③送電線と卸市場
・2割しか使っていない送電線は、原発優先なので、再エネ事業者は”満杯”を理由に接続が拒否される
・法外な接続料を要求される
・電力卸市場は操作されて異常に高く、新電力潰し、再エネ潰しが横行している

④原発の存在そのもの
そもそも、出力調整のできない「原発」を残せば、出力変動の大きい「再エネ」の大幅拡大はできない


原発を即時に全て廃止宣言すれば、日本の再エネのコストは世界と同様に大幅に下がる!


大型巡視船,日本海側,CO2,再エネ,LNG火力,海上保安庁,ものすごい費用

閲覧数:
47
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yam********さん

2018/7/2121:56:53

<<原発テロ対策に大型巡視船 日本海側の要、2隻配備へ>>・・・・これにはものすごい費用が掛かりますね。
企業が金儲けのために「原発」を動かし、それを行政機関の「海上保安庁」が警備するようなことが法律上許されるのでしょうか?
まず、それにかかる費用を明らかにしてほしいですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ton********さん

2018/7/2120:49:34

原発は無くならないよ、40年前に何故無くならないか書いた本があります

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる