ここから本文です

ライト兄弟の飛行機は主翼が複葉機(上下2枚の翼)でした。単葉機(1枚翼)ではな...

mic********さん

2018/7/3118:18:41

ライト兄弟の飛行機は主翼が複葉機(上下2枚の翼)でした。単葉機(1枚翼)ではなく複葉機を選んだ理由は何だったのでしょうか?

閲覧数:
139
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ans********さん

2018/7/3119:12:43

揚力をたくさん得るためには翼を大きくしたいが、当時の技術では1枚の羽根を大きくするには強度的に限界があった。なので翼を重ねて数を増やすことでそれを補おうとしました。

その時代は羽根の枚数が多ければ多いほどいい考えられていたので色んな羽根の枚数の飛行機が作られました。

揚力をたくさん得るためには翼を大きくしたいが、当時の技術では1枚の羽根を大きくするには強度的に限界があった。なので...

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tos********さん

2018/8/122:00:01

翼のねじれ防止。(突風などに対応するため。)←箱型断面化

当時の、制作技術や材料では、強度の有る単葉の翼を作るのが難しかったからです。現在でも、アクロバット用の飛行機として、複葉機が使われているのは、このためだそうです。

oot********さん

2018/8/113:06:40

たわみ翼と呼ばれる構造を採用したため。

当時、グライダーの権威だったリリエンタールが墜落事故で死亡。横風で煽られるなどして飛行機が傾いても立て直せる構造が必要であると認識したライト兄弟は、蓋をとった箱が歪む様子をヒントに、たわみ翼を開発した。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mom********さん

2018/7/3118:28:46

当時はまだ「動力」となるエンジンが非力だったので、「揚力」を得るために複葉にしたと思われます。
複葉機…『揚力を得るための主翼が2枚以上あるもの』『揚力は速度の2乗、密度、翼面積に比例するが、飛行機の発展当初においてはエンジンが非力で速度が小さく、そのため機体を飛ばすのに必要な揚力を確保するには翼面積を大きくする必要があった。』

2018/7/3118:27:53

揚力が大きく得られ
遅い速度でも
飛び立つ力が有る

それには
気づいていたんでしょうね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる