ここから本文です

交通事故で私が被害者で10対0です。 ただいま日数180通院100日です。 このよう...

hac********さん

2018/8/103:03:04

交通事故で私が被害者で10対0です。
ただいま日数180通院100日です。

このような場合は自賠責120万をこえていても、単純に180×4200円なのでしょうか?

また10対0の事故でも120万円を越え

たら任意基準に切り替わり慰謝料を減額されてしまうのでしょうか?

よろしくお願いします。

閲覧数:
117
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kma********さん

2018/8/106:01:53

健康保険を使って、治療費を圧縮することが大事です。

賠償総額が120万円を超えたら慰謝料減額でなく、大幅に単価が下がると考えるといいでしょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sib********さん

2018/8/114:49:07

>>×4200円なのでしょうか?<<
は自賠責保険の基準ですから
>>自賠責120万をこえて<<
いれば全く関係しなくなる計算です

自賠責の限度を超えているなら
単純に治療期間と通院日数だけでは慰謝料は決まりません
その通院内容も問題になってきます

>>日数180通院100日です<<
その高頻度の通院が主治医(整形外科)の完全に指示通りなら
弁護士に依頼してください

もし主治医の指示でない整骨院等が多く含まれるのなら
相手側保険会社の提示(厚意で支払ってくれる額)を
受け入れるだけです

idh********さん

2018/8/110:35:52

内容が不明ですが、その領域の通院になれば、弁護士に依頼し慰謝料等示談条件を整えた方が、断然お得(高額)になります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqr********さん

2018/8/110:24:05

自賠責の支払い限度を超えたなら任意保険対応に切り替わるので任意保険基準になり可能性として自賠責基準より低い額の提示になるという可能性はありますよ。

実際審査にしても自賠責は被害者救済の意味があるのでゆるくたとえ疑わしいところがあったとしても大抵は支払ってくれます。
ただ任意保険対応に変われば任意保険は営利目的でもあるので自賠責よりも審査は厳しいです。

あくまで例えばですが質問者様は100日通院したとありますがその審査をした結果100日も通院する必要なかったのではないか?過剰通院だと判断するという事だってあるかもしれません。
ただ医師の指示で適切に通院してればその心配はないですがただそういう審査は厳しくなるということにはなります。

あとは任意保険は任意保険な基準での提示になるので提示額自体少なくなる可能性もありますね。

ただ質問者様の方にも争う権利は与えられてはいますし現実弁護士に依頼したり裁判したりすれば自賠責基準よりも高額な額で受け取れるということもありますよ。

oas********さん

2018/8/107:46:45

任意基準ではありますが相手保険会社は自賠責から120万きっちり回収します。

ですので任意基準で示談する必要はないと個人的には思う。

そもそも任意基準とは自損などで自身がけがを負った場合に支払われる基準だ。当然通院単価が安くなるのは問題ないと思う。過失が高い場合もしかり。

しかし今回は一切落ち度がなく通院を余儀なくされ、損害が発生している。任意基準でも自賠責基準でもなく裁判基準で請求するのが妥当だろう

100日も通院させられる羽目になって、おそらくまだ症状が残存するのであろう。私だったら我慢ならない。裁判所も認める裁判基準で請求すべきであろう。日本は法治国家である。

いくらだとかはこれからの治療もあるので答えようがないが、不幸にも後遺障害が残存したのであれば自賠責が後遺症を否定しても裁判所で認定されるように頑張てほしいと思う。

owa********さん

2018/8/104:52:57

弁護士特約か交通事故扮装処理センター使ったらいいじゃん

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる