任意保険、自賠責の違いを簡単に説明してください。宜しくお願いします。

任意保険、自賠責の違いを簡単に説明してください。宜しくお願いします。

自動車保険105閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

自賠責(自動車損害賠償責任保険)は強制保険ともいわれ、交通事故(対車)の被害者救済(人的被害のみ)のための最低限の補償を確保するための保険です。 自衛隊車両、米軍車両、国連軍車両、構内専用車などを除き公道を走行する車には義務付けられています。 管轄は国土交通省で、自賠責調査事務所が保険金の支払いの可否や金額を決定します(保険会社は単なる窓口)。 任意保険は自賠責の不足部分を補うため任意で契約する保険ですが、対人賠償部分は自賠責の上乗せであるため自賠責で払われる部分については免責となります。 対物賠償、車両保険、人身傷害などを必要に応じて契約することができます。 管轄は保険会社を管轄する金融監督庁です。

その他の回答(2件)

0

自賠責は必ず入らなければならない保険です。 保険金額も補償内容も決められています。 加入していないと、違反です。 罰金等の刑事処分と免停等の行政処分が科せられます。 任意保険は、文字通り入っていなくてもいい保険です。 自賠責で賄えない賠償が生じた場合に使います。 補償内容によって掛け金も変わります。 入っていなくても罰則等はありませんが、任意保険に加入していない方の運転する車には乗らない方がいいでしょう。

0

自賠責 ・・・強制保険。車検の際に入ってることが必要。 人身事故のみ適用で、上限も120万まで。 任意保険 ・・・その名の通り任意で入る保険。強制ではない。車検にも必要無し。 ただ、事故を起こした場合、自賠責だけでは足りないことが多く、任意保険を使うことになる。 今では人身事故は無制限にするのが一般的。 いきなり2億円払えと言われても困るでしょ。