ここから本文です

[特にキリスト教、一神教信者の方に質問]

アバター

ID非公開さん

2018/8/323:39:28

[特にキリスト教、一神教信者の方に質問]

宗教が神を俗物化させませんか?

宗教ってなんのためにあるのですか?

神を信じたい、信仰したいと思うなら自分でできるじゃないですか。正しい信仰とやらを学ぶために宗教に入ってるのですか?

正しい信仰を、ただの人間から学ぶのですか?
人間の作った、ただの、脚色に脚色を重ねた本を信じるのは何故ですか?

あなた方が信仰してるのは、人間ですか?

信仰するのに、宗教に入る、勧誘する、その意味がわかりません。人間同士の繋がり合いが大事ってことですか?

なら、宗教に入らなくても、それは達成できるじゃないですか。

この質問は、ari********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
128
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

suy********さん

2018/8/410:00:59

俗物代表のお前がそれを聞くかね?

己の不信仰を正当化しようとしても、
信じていないことには変わりないぞ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

twi********さん

編集あり2018/8/1004:45:07

YHWHについては Fátima であるなり、唯一実証があるのですが。

確かに俗物化させられています、ぃゃそれで済むのかな?悔い改めない限り、神の怒りに灼かれると聖書にさえ書いてあるのに。

ちょっと見かけた怒ってはいけないなり分不相応な歪曲解釈を好む、本当に頭が悪い連中です。現代人は表面的に都合ですり替えるだけで、内容を見ません。

ファリサイ派に対して怒らなかったとでも言うのかな。もしくは偶像崇拝者を「神は怒りで灼いてはいけない」という勢いですね。

イエスの時代は、主権者の代理であるイエスに従って主権者の意思に一本化したのです。あなたたちには現状で信仰(悔い改め神に従うこと)と祈りしか認められていません、という場合が多いかと。

あなたが怒ったら変事変がそこら中で起きていますし、意見や社会運動を標榜して劣化コピーの偽善で自己顕示し、批判にはヘイトという逆張りの憎悪で群れて脅迫していくだけです。

イエスが甘い言葉で謀ったことがあるでしょうか?寧ろ現代的にも厳しい言葉をぼんぼん飛ばしていました。

現代人は当時と比べれば確実に総じて Sodomite と化し、神に従えない satanist 風情が集って影響力などと増長(宗教がそう)し、人(悪魔)を拝み悪魔から出る出鱈目を並べて争っています。

しかも悔い改めることがない。主権者でも代理でもないのに我が物顔でヅラするからでしょう。

sol********さん

2018/8/923:39:12

宗教と形容するのは容易ですが実際は、神の子であるイエスキリスト様が教えられた真理でしょう。

イエスキリスト様を信仰するなら、あなたが宗教に入ると形容するところのクリスチャンになることは避けられないし、福音を全ての被造物にのべ伝えよというのもイエスキリスト様の教えなので当然です。
また新約を読めばイエスキリスト様がクリスチャン同士が協力することを望まれていることがわかると思います。


宗教に入るというのがクリスチャンになることではなく、カトリックだとかプロテスタントに加入することを言っているのであれば、私は宗教に入らなくても目的が達成できるという理屈に同意しますよ。
信仰は何らかの派閥に属さなくてもできますし、派閥に属さずともクリスチャンたりえます。イエスキリスト様を信じ従うことが重要だからです。

おすすめのチャンネルです。ぜひ見てください。
https://www.youtube.com/channel/UC-VniFpTxKygUyX1Mvygz4A/videos
https://www.youtube.com/channel/UC1DwW7Il7-7JEiZHvRBa6lA/videos

dtm********さん

2018/8/713:50:55

中村元さんがいっておられます。

およそこの世のものでいつまでも破れないで存続し続けるものは何もない。いつかは破れ消え失せるものである。
その道理を私(釈迦)はお前たちに今まで説いてきたではないか。ただ私はそこにある一貫した真理というもの、それを解き明かしてきた。だからそれに頼れ。
この変転常ない世の中ではまず自分に頼るべきである。自分に頼るとはどういうことであるか。自分はこの場合にどうすべきかということを、その場合、その場合に考えることでしょう。その場合に何を判断決定の基準にするのか。それは「人間としての道」「法(のり)」インドの言葉でいうと「ダルマ」と呼ばれるものです。
この人間の理法というもの、これに頼ること、
「自己に頼れ、法に頼れ」これが釈尊の最後の教えでありました。

この理法というものはイエスの言葉、「私は道であり、真理であり、命である」(ヨハネ14-6)と同じと考えるのです。

kun********さん

2018/8/419:50:55

宗教というのは様々な目的がありますが、その中の大きな目的の一つに真理の追求というものがありますよね。また平和社会の実現などなど

hat********さん

2018/8/409:21:59

ルカによる福音書/ 22章 27節
食事の席に着く人と給仕する者とは、どちらが偉いか。食事の席に着く人ではないか。しかし、わたしはあなたがたの中で、いわば給仕する者である。

テトスへの手紙/ 03章 14節
わたしたちの仲間も、実際に必要な物を賄うために、良い行いに励むことを学ばねばなりません。実を結ばない者とならないためです。
..
釈迦尊は、静かな山林にこもり、苦行を始めました。
苦行の果てに苦行の無益さを知った釈迦尊は、苦行をやめて、菩提樹の下で悟りを開きました。
..


俗っぽいもなにも、はじめから、俗っぽいのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる