ここから本文です

特別分配金・特別配当金について メリット・デメリット それが発生した経緯...

nnc********さん

2018/8/412:31:14

特別分配金・特別配当金について


メリット・デメリット
それが発生した経緯などの考え方を教えてください。

■まず投信の特別分配金について、
分配金の支払額は口数できまり、投信の価格は時価があるのに、
なぜわざわざ元本の取り崩し、と、そんなくくりをするのでしょうか?

元本が安くなることで、何か発行側に影響があるのですか?

そういう方法をとる理由として、
『加入時期の不公平をなくすため』、と見ましたが、
保有者側にデメリットがあるとは思えまん。

『売却時、経費となる取得費用が少なくなるため、益に対する税が高くなる』、とも見ましたが、
特別分配金受け取り時に、元本取り崩し分に関しては不課税のため、
税金を繰り延べているたげのようにも感じます。
(なので、税金としてはプラマイゼロなのでは。。?と思うのです)

詳しい方、どうかご教授ください><!!


■また、特別配当金について
こちらも元本取り崩しだったと思うのですが、詳しく把握できておらず、
特に時価もあるし。。。と思うので、こちらのことも教えていただきたいなぁと思います。


なにとぞよろしくお願いいたします!!!!

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
129
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kai********さん

2018/8/1008:46:08

昔は、投資信託で運用が成功しいないと分配金を出さないのが普通でした。

いつの間にか銀行が投信を売るようになって、毎月分配型の投信を販売することになって以来「特別分配金」が乱発されるようになりました。

運用がうまく行かなくて、元本の一部を返還されても個人投資家としては困るのではないかと思います。

預け入れ資産が目減りして行きかつ運用もままならぬのでは「投資」としてお話になりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ers********さん

2018/8/917:00:52

メリット・・・・・特配は非課税。

デメリット・・・・・純資産が目減り。

pop********さん

2018/8/916:06:19

メリット
お金が入ってくるので、儲かっていると勘違いする顧客がいる。
儲かっていると勘違いすると解約されず他の投資へ逃げられないで済む

デメリット
わずかながら投資運用金が減ってしまう

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

リクエストマッチ

2018/8/413:00:59

質問内容がイマイチ不明ですが・・・

特別分配金と言う制度は、日本だけの現象で、米国では禁止されています(当たり前ですが)。

日本の銀行や証券会社が投資信託を金融常識が欠如してる高齢者に売りつけるために考えられた手法で、本来なら金融庁が禁止すべき話です。

普通分配金だけでは投信の販売競争に勝てないので、元本取り崩しの特別分配金で、日本の金融界は分配金競争を繰り広げて高齢者の資産を収奪してきたのです。

http://investmenttrust.biz/hutsubunpai-tokubetsubunpai.html

特別配当金と言う用語は、投信にはありません。

特別配当金とは、株式の配当金の一部で、通常の配当金とは別に出す配当金を言います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる