ここから本文です

債務整理の費用やデメリットについて教えて下さい。 借金の残額の返済の目途が...

アバター

ID非公開さん

2018/8/516:16:18

債務整理の費用やデメリットについて教えて下さい。

借金の残額の返済の目途が立たたない状況(正確には返済が出来ない)で、債務整理をするしかないと考えています。

弁護士など法律家の知り合いなどいるはずもなく、そもそも初期費用すら払えそうにないのですが、債務整理をする場合に必要な費用やデメリットについて教えてください。

閲覧数:
676
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2018/8/1017:31:28

債務整理には自己破産・民事再生・任意整理・個人再生や過払い金請求等の方法がありますので、個々のケースにより最適な方法を法律の専門家に相談することで提案が受けられます。

以下のページで比較されている事務所であれば、心配されている初期費用は無料ですし、申し込み前の相談も無料で出来る優良事務所ですので、掲載されている事務所は全て全国対応で債務整理に強い事務所ですので一度ご相談されることがベストかと思われます。

http://saimu-kaiketsu.xyz/

無料相談を利用してみて下さい。

アバター

質問した人からのコメント

2018/8/10 23:08:58

とても参考になります。
ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ann********さん

2018/8/522:26:13

こんにちは。

明確な基準があるわけではありませんが、弁護士事務所のHP等に記載されているところによると一般的なサラリーマンの場合、総額200万円、毎月の返済額が10万円を超えていると債務整理を検討すべき状況とのことです。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産などがあります。

・任意整理
今後の金利がなくなり,借金の総額と毎月の返済額を減額でき,一部の借金だけ選んで整理することが可能です。
場合によっては過払い金が発生し既に支払ったお金が手元に戻ることもあります。

・個人再生
現在の借金が返済困難であることを裁判所に認めてもらい,減額された借金を3年かけて分割で返済していく手続です。おおよそ5分の1から10分の1まで減額されます(住宅ローンは除かれます)。

・自己破産
自己破産に対し「人生の終わり」のように非常にマイナスのイメージを多く持つ方もいると思いますが,そうではありません。
前途ある人生を前向きに生きていただくため,借金超過で苦しんでいる人を救済するために国が作った制度です。
戸籍に残ったり,会社(就職)に影響があるわけではありませんし家族が保証人でない限り家族にも影響が出るわけではありません。高価な財産を手放すことになりますが,今後の収入は生活費に充てることができます。

例えば任意整理は他の整理方法が裁判所が関与する法的措置であるのに対して、債務者本人または代理人の弁護士などが行う「私的交渉」の位置づけとなりますので、家族や知人に知られることなく対応することも可能です。

また、ご質問者様名義のマイホームがある場合は手放したくないと思いますが、その場合は個人再生も選択できます。

以下のサイトが無料相談が匿名で出来る様なのでご参考にして頂くには良いのではないでしょうか。

http://saimuseiri-institute.com/site/thank_kojinsaisei.html

試しに覗いてみてください。

wrc********さん

2018/8/517:50:59

初回無料とかの弁護士さんも居ますし、

法テラス?とかだと
安いらしいですよ??

デメリットは、
債務整理するとしばらく借りられないくらいではないですか?

車とかローン残ってるのなら
車は、乗れなくなる!とか…

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる