ここから本文です

キリスト教で、洗礼を受けられる条件のようなものはあるのですか? 「洗礼を受...

アバター

ID非公開さん

2018/8/523:24:59

キリスト教で、洗礼を受けられる条件のようなものはあるのですか?

「洗礼を受けたい」と牧師さんや神父さんに言えば、誰でも洗礼を受けさせてくれますか?

閲覧数:
105
回答数:
9
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wil********さん

2018/8/523:55:49

そういうところはむしろ怪しいところになります。一般的には半年から1年位はかかると思ってください。必ず勉強会みたいなものがあります。それを受けて洗礼を受けるかどうかを神父や牧師が確認します。そのうえで受けるのであれば適切な時期に洗礼式を行います。一般的にはイースターの前に行いますが教派によってはクリスマスとかに行われます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

tar********さん

2018/8/916:22:32

カトリック信徒ですので、カトリックの事情しか存じません。

カトリックで洗礼を受けるまでの流れですが、カトリックでは、高校生以上の、一定の年齢以上の方が入信される場合、カトリック教会で「入門講座」を受講します。この講座は無料で受講できます。

「入門講座」でキリスト教についていろいろと学び、本当に、信じることができるかどうかを確認します(この時に聖書についてもじっくりと勉強することができます)。この期間の長さには個人差があり、最低でも半年以上、長い方ですと2年程度は必要なので、講座を受講しながら、じっくりと洗礼を受けるか否かも考えてください。

そもそもカトリックでは通いはじめてもすぐには洗礼を授けてくれません、この間は長くてしんどいのですが、ここは信仰のための試練の時、マリア様から生まれたイエス様が成長して大人になるまでの時間のようなものです。

また、入門講座受講後、洗礼を受けなくてもかまいません。洗礼を受けるか否かは個々の方の判断で、強制はしませんし、洗礼を受けなかったからと言って、教会の中では邪険にはされませんので、ご安心を!。入門講座後、受洗するかどうかを迷われる方も中にはいまして、私の知っている範囲では、10年以上も、迷われて、最終的に受洗なさった方もいます。

洗礼の際のお金ですが、少なくとも私の知る限りでは、洗礼式の謝礼金という話は聞いたことがありません。ですので、金銭的な心配はご無用です。

bre********さん

2018/8/612:42:26

①誠の神様に対する罪を悔い改めて、聖書に書いてある通りのキリストを信じて、聖霊様によって「新生」した人だけが、洗礼を受ける権利があります。

「イエス・キリストによる救いの知らせ(福音)」
http://inochinomizu.hatenablog.com/entry/2017/07/01/113257

②よく分からずに信じると言ったり、明らかに嘘の告白をする人もいるので、洗礼を授けることのできる牧師が「洗礼準備クラス」という学び(基本講座)や、一定期間その人の信仰態度をチェックする必要があります。


信仰告白もできないような赤ん坊に、本人の意志を無視して勝手に洗礼を授ける悪い教会(カトリックや一部のプロテスタント)もあります。

また「教勢を増やしたい」「たくさんの献金が欲しい」などの個人的打算を理由に、上記の①②をテキトーに済ませ、軽々しく洗礼を授ける牧師も結構います。

twx********さん

2018/8/612:18:01

条件としては、洗礼(バプテスマ)の意味を聖書的に理解出来ているなら、牧師や神父で無くてもキリスト者なら誰でも施せますよ。
先ずは、バプテスマの意味を聖書的に理解する事です。

sos********さん

2018/8/609:34:57

キリスト教の何に魅せられて洗礼を受けたいと思いましたか?

キリスト教の聖書の中身はいわゆる「神話」に過ぎません。
要するに、作り話をあたかも実話のごとく信じている人の集まりです。

水の上を歩いたとか病気を治したという事等々は総てが信者を獲得する為や信仰心を植え付ける為のフィクションなのです。

are********さん

2018/8/609:02:19

→「でもそれはかなりヤバい教会です、福音派とか聖霊派とかのたぐいです。
一番よくあるのが異端と言われる教会です、モルモン教とかです。全くお勧めできません。ひっかからないようにしないと一生の後悔となりますよ。普通は自分で自問自答をしながら、神さまにお祈りをしながら、
聖書や教理を学びながら、になりますから一年くらいはかかります。
急ぐ必要はないからです。」

と回答している方がいますが、バプテスマは、今までの自分の生き方を、言葉、想い、行いを真剣に悔い改めたことを、悔い改めようとする思い、決意を神様に示す行為です。それは、この罪障ある身が死に、新たに生まれ変わる、キリストと同様に再び死からよみがえることを象徴し、またその恵みを約束する神の定められた聖なる儀式です。

バプテスマを希望する方は、御父と神の御子イエス・キリストを信ずる信仰、悔い改め、バプテスマ、聖霊の賜物、キリストによる救いの意味、福音の教えている戒めと勧め等福音の基本的なことを理解すれば、数週間~数か月程度でも十分バプテスマを受けることができるのです。それぞれの方の理解力と各個人の知る努力や熱意の差により長短があります。

末日聖徒イエス・キリスト教会の宣教師たちは、それらのことを教え、それら福音の基本的なことが理解できたことを確かめた後にバプテスマを施しています。

新約聖書の時代、パウロなど使徒達や弟子たちの説教を聞いて、短期間で多くの人たちがバプテスマを受けています。ピリポは道行く同行者と話をして、その方にすぐにバプテスマを施しています。1年間などの期間学ばなければならない訳ではありません。

信仰は、福音を完全に知ることではありません。神とキリストを本当に知るためには、バプテスマを受けた後、与えられる聖霊の賜物を通じて、自分自身と神との交流を通じて、主の御霊により教えていただくことが必要なのです。
それは、聖典を読み続け、日々の祈りを続け、毎週の聖餐会に集い主の聖餐を受け、福音を学び続け、日々の生活で身口意の悪をなくすように、善行に努めていく時に、主はここにも少し、そこにも少し、教えに教え、訓戒に訓戒を加えて教え、恵み、導いてくださるのです。

そして、「永遠の命とは、唯一のまことの神と、神の遣わされたイエス・キリストを知ることである」の「キリストと神を確かに知る」状態に導いて下さるのです。

バプテスマは特権であり、神の備えられた大きな恵みです。よく学ばれ、納得され、それから受けられますように!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる