ここから本文です

平成24年式ダイハツ ハイゼットトラックの荷台作業灯は車検時においてその他の灯...

アバター

ID非公開さん

2018/8/820:01:44

平成24年式ダイハツ ハイゼットトラックの荷台作業灯は車検時においてその他の灯火扱いになると思いますが運転席付近にON-OFFのスイッチがあり走行中につかないようにしてあれば良いですか?

職場の検査員でメーターパネルに(ハイビームの時のように)表示されないといけないという人もいますが実際、正確な情報はどうなのか教えてください。

画像は説明のために画像検索から引用しています。

ハイビーム,ON-OFF,メーターパネル,運転席付近,荷台作業灯,サイドブレーキー,走行

閲覧数:
524
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

p25********さん

2018/8/900:00:33

最初から付いている作業等はACCの電源からプラスを取りマイナスはサイドブレーキーを引いた時に点灯しますので ナイナス側に ダイオードを入れるかリレーを付けるかされたら 問題ないですが。走行中に点灯しない様にしてありますが。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mat********さん

2018/8/821:05:29

作業灯が、走行中に点灯しないこと。
作業中でも
後方から来る車の眩惑をしないのが原則。

運転席内に作業灯のスイッチがあると
走行中に誤って点灯したまま走行の場合があるので
警告用のランプが必要と思います。
また、
室外やランプ内蔵スイッチが有る場合でも
日中に点灯しない様に、
運転者が走行時に消灯を確認できるように
電源を夜間ランプ(スモールランプ点灯時)
に点灯するような配線が必要です。

さらに、パーキングスイッチを連動させて
駐車時だけ点灯する配線なんかも良いですね。

あくまでも、その検査員の判断によるところ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる