ここから本文です

土地建物の所有権について 土地と建物の謄本で土地の所有者と建物の所有者が違...

ken********さん

2018/8/916:22:50

土地建物の所有権について

土地と建物の謄本で土地の所有者と建物の所有者が違う場合は、建物所有者は借地権があるということでいいのでしょうか?

そして、建物所有者は土地所有者に対してお金を払っていると考えるのが普通なのでしょうか?

閲覧数:
66
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hyu********さん

2018/8/1011:34:46

謄本を見て「借地権設定」の記載がなければ借地権はありません。
使用賃借の可能性が高いです。
親の土地に子供が建てている場合等です。
使用賃借の場合、無償又は固定資産税程度の支払いが多いようです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

beg********さん

2018/8/1010:34:39

借地であれば、借地。

借地とは限らない。

土地と建物を共有にせず、分けて登記しているだけ、もあるから。

権利の移動の部分を読み、理由を知ること。

競売の場合もあるから。

sey********さん

2018/8/1010:29:29

建物は「土地利用権」がないと存続できません。
もっとも、他人の土地に勝手に建物を建てて住んでいる人もいるかも知れませんが・・・。
さて、その土地の利用権としては「物権」としての「地上権」(当事者間での約定があれば有償。普通は有償でしょうね)、「債権」としての「賃借権」(有償)、「使用借権」(無償)があります。地上権と土地賃借権は「借地権」といいます。
まあ、通常は有償でお金を払っていると考えるのが普通でしょう。
もっとも親族間であれば「使用借権」が多いでしょう。
以上、参考にしてください。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bak********さん

2018/8/916:31:50

普通はね。
でも、例外はいくらでもあります。

pot********さん

2018/8/916:27:37

そうとは言えない。
権利設定は謄本で分かる。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる