ここから本文です

ひふみプラスは終焉か…? 昨年まで、右肩上がりだったひふみプラスはもう限界がき...

sur********さん

2018/8/1605:08:51

ひふみプラスは終焉か…?
昨年まで、右肩上がりだったひふみプラスはもう限界がきたのでしょうか?

元々、中小企業を中心に行っていたひふみプラスはTVに出て急速に投資者が増えてしまい今現在お金が集まりすぎて運用に困っているのでしょうか?
投資初心者的な考え方ですが、米国株に投資してみたらどうかと思いますが?
実際に投資を行っている投資に詳しい方のご教授お願い致します m(._.)m

閲覧数:
7,814
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

onb********さん

2018/8/1609:48:39

アメリカ株にも投資していますが
AMAZON.COM INCは1位
3位 VISA INC-CLASS A
4位 MICROSOFT CORP

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ひふみプラス」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nik********さん

2018/8/1623:31:41

ひふみプラスは永遠に不滅です!
とまでは言いませんが、
これからも優秀な投資信託のひとつであり続けると思います。

日本の中小型株以外にも投資する様になりましたから(商品の性格が変わった)
今までよりもリターンは落ちるでしょうが、
リスク(ブレ)も少なくなりますから、
長期投資を考えている人にとっては必ずしもマイナスではありません。
今までよりより分散投資をするようになったんですから、
リターンもリスクも減ります。
今までと同じような高いリターンを期待したい人は、
期待外れになる可能性が高いですから買わない方がよいです。

それともうひとつ、
中小型株イコール中小企業の株ではないようです。

(コトバンクより)
中小型株(読み)ちゅうこがたかぶ
定義は様々であるが、東京証券取引所では上場してから
6ヶ月以上経過したもので時価総額及び流動性が
高い上位100銘柄を大型株、大型株についで上位400銘柄を中型株、
大型株、中型株に含まれない全銘柄を小型株という。



おかしな回答者が
「従来のベンチマークはTOPIXでしたが・・・」
と言っていますが、
ひふみプラスには最初からベンチマークはありません。
TOPIXをベンチマークにしたことはありません。
ベンチマークの意味すら理解出来ない〇〇に、
えらそうに回答する資格があるのでしょうか?

短期的なパフォーマンスを見て、
「残念ですが、ひふみ投信(ひふみプラス、ひふみ年金)も、
これまでか?という感じです。」
と言えるのは、
投資信託という金融商品をよく理解していないからこそ言える言葉です。
己の無知を曝露するとてもはずかしい言葉です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2018/8/1609:42:16

>元々、中小企業を中心に行っていた「ひふみプラス」はTVに出て急速に投資者が増えてしまい、今現在お金が集まりすぎて運用に困っているのでしょうか?

その通りです。
ひふみ投信は2007年にスタートして以降、中小型成長株に投資を集中し、抜群のパフォーマンスを叩き出してきました。
しかし、残高が1000億円を超えると、運用先が少なくなり、現在の8000億円近くになると、大型株や外国株にも手を出さざるを得ない状況となり、パフォーマンスはガタ落ちしてきました。

>投資初心者的な考え方ですが、米国株に投資してみたらどうかと思いますが?

とっくに、ひふみプラスは米国株に投資していますよ。
アマゾン、VISA、マイクロソフトなどの米国株に700億円以上投資しています。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=9C311125

>ひふみプラスは終焉か…?昨年まで、右肩上がりだったひふみプラスはもう限界がきたのでしょうか?

その通りです。
残高が急激に増加してしまい、パフォーマンスは最近はTOPIXに負けるという惨状になってきました。
日本株ファンドだったのに、米国株にも手を出し、どういう性格のファンドなのか?全く分からなくなってきました。
従来のベンチマークはTOPIXでしたが、米国株に手を出したことで、ベンチマークは無くなっています。
残念ですが、ひふみ投信(ひふみプラス、ひふみ年金)も、これまでか?という感じです。

https://www.mixnats.com/entry/2018/07/12/073000

プロフィール画像

カテゴリマスター

sy_********さん

2018/8/1606:47:45

最近同じような質問をよく見かけますね。最新の月報からリターンを見ると、直近一カ月でTOPIXは+1.3%に対してひふみプラスは-1.4%です。半年までを見るといずれもマイナスですが、ひふみプラスのほうが下落率は小さいですね。

最近は、アメリカと中国の貿易戦争懸念がくすぶっている状態が続き、今度はトルコリラショックの追い打ちですから、世界一景気に敏感な日本株が売り込まれるのは仕方ないと思います。とにかく日本株は、日本以外の環境に振り回され過ぎです。

ひふみプラス(ひふみ投信)はもともと中小型株に投資するファンドですが、純資産が7,000億円を超えてきたので、中小型株だけに特化した運用がキツくなって来たことは否めないと思います。そのため、最近はアメリカ株も加えるようになりました(10%程度)。

長期の基準価額推移を見る限り、堅調な右肩上がりなのは明白です。今年に入ってから短期で儲けようと考えているなら(それ自体間違っていると思いますが)、批判したい気持ちもわからないではないですが、長期投資目線の投資家なら全く気にはしていないと思いますよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kin********さん

2018/8/1605:23:29

自由。

投資先 自分で判断できるか だけです。

優等生銘柄

買値の四倍挟んで 上下急変動して 表の♪

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる