ここから本文です

ダンケルクの撤退、本当はナチスドイツ、枢軸軍が本気なら、取り残された連合国軍...

アバター

ID非公開さん

2018/8/1721:06:05

ダンケルクの撤退、本当はナチスドイツ、枢軸軍が本気なら、取り残された連合国軍のイギリス、フランス軍は全滅してたんですか?

ちなみに史実とは関係ないですが、ダンケルクの映画は、全然つまらなかったです。

なぜ、史実ではドイツ軍が手加減、逃げる時間を与えたんですか?

閲覧数:
308
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2018/8/2113:40:18

ドイツ軍がダンケルクへの進撃を1度停止した理由は1つでは無いと思います。

他の方々が回答されている通り、

ゲーリング空軍元帥の
「空軍だけでダンケルクは壊滅させられる」

という意見を信じたというのもあるでしょうし、実際にドイツ軍側にも予想以上の損害が出ていたという事もあるでしょう。


ただその理由の1つとして大きな影響を与えたと思われるのが、1940年5月21日~23日にかけて行われた「アラスの戦い」です。


そして

5月24日
ヒトラーは『ダンケルク』方面への進撃の停止を命じました。

そして

5月26日
イギリス軍は『ダイナモ作戦』を発動。
映画での通り『ダンケルク』に取り残された連合軍将兵40万の撤退作戦を開始したのです。


ドイツ軍のフランス侵攻作戦を劇的な勝利へと導いたのは、
言うまでもなくマンシュタインによる「マンシュタインプラン」でしたが、この作戦案はその完成までに色々と修正を繰り返したものでした。

実は当のマンシュタイン自身もこの作戦において、ここまで劇的に成功するとは考えてはいなかったのです。
もちろん「アルデンヌの森」の突破によって戦局が有利になることは計算していましたが、マンシュタインはある事を懸念していました。

それは「アルデンヌの森」の突破したドイツ軍A軍集団が、ミューズ河を突破してフランスに進軍してイギリス海峡へ向けてフランス北部を急進撃した場合には、当然その伸びきって薄くなったA軍集団の側面に対してフランス・イギリス連合軍は反撃を仕掛けてくると予想していたからです。

しかし実際にはフランス軍司令部は大混乱に陥り、このA軍集団の側面への効果的な反撃が遅れてしまっていたのです。


5月17日、19日
フランス軍のドゴール将軍らがA軍集団に対して散発的な反撃に出ましたが、あっさりと撃退されてしまっていました。

そうしている内に

5月20日

快進撃を続けていたドイツ軍A軍集団の先鋒軍がはついにイギリス海峡に到達しました。そしてこれにより北部の連合軍はフランス中南部から遮断されました。

しかし先に書いた通り、このA軍集団の戦線は薄く伸び切っていました。

そして

5月21日~
包囲網内にいたイギリス軍はフランス北部のアラスにて反撃を開始しました。
イギリス軍フランクリン中将の指揮下に
第1機甲旅団所属の戦車74両、またフランス軍より軍戦車60両、
第5、第50の2個歩兵師団
将兵約15000人

にて構成され「フランクフォース」と呼ばれました。
そしてこの「フランクフォース」による反撃は、イギリス軍が計ったものではありませんでしたが非常にタイミングが合ったものとなりました。

特にイギリス軍のマチルダII歩兵戦車に対抗できる兵器がドイツ軍には不足していました。
ドイツ軍のI号戦車、II号戦車では歯が立たず、また37mm対戦車砲でも威力不足でマチルダII歩兵戦車が撃破できなかったのです。
しかも当初はその担当のドイツ軍の主力部隊は西方へと進撃していてドイツ軍戦線は薄く伸びていました。
ドイツ軍は包囲網を破られる危険性もあったのです。

ところが急報を聞いた第7装甲師団のロンメルが急遽引き返して来ました。
そして後にアフリカ戦線でも行う事になる88mm高射砲などを水平射撃するという方法でイギリス軍の進撃をついに阻止しました。

そして更にドイツ空軍の支援を受けて反撃に出て、イギリス軍を再びアラスへと押し戻す事に成功しました。

この様に5/23日ごろには、イギリス軍「フランクフォース」の攻撃は撃退されたのですが、

同じく5/23日

イギリス軍の攻勢の成功を受けて、
今度はフランス第3軽機械化師団が包囲網の外側から攻勢を開始しました。
これは最終的には空軍の支援と増援を受けたドイツ軍の前に撃破されることになりました。

しかしこのフランス軍の攻撃は激しいものだったようです。
第7装甲師団のロンメルもこれはフランス軍5個師団規模の反撃であると考えていたそうです。


この「アラスの戦い」にて
ドイツ軍は戦死・負傷者700名、捕虜400名を出しています。
これは、ドイツ軍にとってはイギリス・フランス軍がまだ十分な反撃力を維持していると考えさせられるものでした。
ただ一目散にダンケルクへと向かう事に対して、それはそう簡単な事では無いと認識させるものだったのです。


そして結果的に、
それは『ドイツ軍がイギリス軍に手加減、逃げる時間を与えた一因となってしまったのですよ。


最後に、

>ちなみに史実とは関係ないですが、ダンケルクの映画は、全然つまらなかったです。


同感でしたよ。 ε=(・o・*)

アバター

質問した人からのコメント

2018/8/23 21:30:54

ダンケルクの映画、同じ感想の方いましたか。色々な要素があったんですか。詳しく回答して頂きありがとうございました。アンサー、迷いましたが苦渋の決断で決めさせて頂きました。全ての回答に感謝致します。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ven********さん

2018/8/2111:41:20

ゲーリングが空軍だけでダンケルクの処理をすると大見えを切った
影響が一番大きいのですが
本来数が少ない側の独軍が包囲をしているという事実を忘れてはいけません
戦術レベルでは優位に立っていても回り込む後背がない所に立て籠もられたら
正面攻撃をしても同等の損害を受けて相対的な不利をこうむるので
間接射撃か航空機の近接支援で優位を取らないといけないのに
砲兵は機械化が全く進んでおらず砲撃支援は皆無でしたので
空軍しか頼れない状況でそれに任せるヒトラーの判断は
非常に合理的であったと思います

陸と空の連携を取るシステムは大隊レベル以上にしかないし
空軍は対艦攻撃訓練などしていなかったので当然の結果となった訳です

手加減と言うよりヒトラーの兵隊への気遣いが裏目に出た感じですが
ゲーリングの空軍育成がそもそも良くなかったのが失敗の原因ではないかと
…雷撃機ぐらい開発しとけよモルヒネデブ……

tam********さん

2018/8/2015:43:20

ナチスのナンバーツウのゲーリング空軍元帥が、空軍だけでダンケルクは
壊滅させる、と、ヒットラーに大見えを切り陸軍の進撃を停止させたから
です。独陸軍は涙を流し悔しがったそうです。


調子だけいいゲーリングはナチスのガンだったんだwww

ナチスのナンバーツウのゲーリング空軍元帥が、空軍だけでダンケルクは...

wak********さん

2018/8/1822:34:49

あの時点で、ダンケルクに閉じ込められた英仏軍(実態はD計画でベルギーに進撃した両国の最精鋭部隊)に全力を傾注することは危険すぎたということでもあります。ドイツ軍の突破によって形成された回廊の南側には、なおフランス軍がおり、ドイツ軍は長い側面をそちらに対し暴露しておりました。実際にその回廊を分断する目的の作戦も実施されており、押し込めば押し込むほど抵抗が濃密になるに決まっているダンケルク方面の英仏軍に総力を結集して取り掛かるなど、軍事的には愚の骨頂であったためです。実際スターリングラードで、それと同じ状況で包囲下のソ連軍と激烈な市街戦を行っているうちに、脆弱な側面をソ連軍に突破され逆包囲され、とんでもない損害を被り、戦争自体を失うはめに陥りました。
ダンケルクの英仏軍という窮鼠に正面攻撃を加えるなど、バカバカしいことなのです。囲んで衰弱させる。これが原則です。
もちろん、ドイツ軍自身に回廊の両側で、継続して戦い続ける余力もなかったんですけどね。補給線が伸びきってましたから。

プロフィール画像

カテゴリマスター

wos********さん

2018/8/1822:01:29

当初、チャーチルは3万のイギリス兵を移動させると言っていました。
ところが、終わってみたら、33万人のイギリス兵をイギリスに帰還させることができました。
チャーチルの過少宣伝で、ドイツはイギリス兵の移動は大したことがないと判断したのではないでしょうか。

チャーチルの機転の勝利ですね。(映画ダンケルクではそういうことでした。)

kei********さん

2018/8/1721:44:48

手加減したり逃げる時間を与えたのではなく、進撃できなくなったので停止したのです。

電撃戦幻想を信じる方は認めたくは無いのでしょうが、当時のドイツ歩兵師団は、基本的に徒歩移動であり、補給段列は輓馬が中心でした。
装甲部隊の急進撃は、埋めようの無い側面の空白を生み出し、同時に脆弱な兵站に過度の負荷を与えました。

兵站上の限界に達したからこそ上層部は停止命令を出したのです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる