ここから本文です

法律用語の善意・悪意が知っている・知らないという意味になったのはなぜですか?

アバター

ID非公開さん

2018/8/2112:14:25

法律用語の善意・悪意が知っている・知らないという意味になったのはなぜですか?

閲覧数:
44
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2018/8/2113:32:37

ボアソナード付きの通訳官が、日本語に疎かったからだと言われています。鳩山秀夫先生から聞きました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hyu********さん

2018/8/2112:46:47

逆じゃないですかね?

知っている(知らない)という言葉を法的(お堅く)表現する用法として善意(悪意)という文言を使ったのでは?

福沢諭吉がFREEという言葉に自由を当てたように。(諸説あり)

ksa********さん

2018/8/2112:26:13

これは、当たり前過ぎて分かりませんが、民法は、フランスのものを受け継いでいますから、フランス語の訳文の影響ではないかと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる