ここから本文です

大学の課題の一つで、

アバター

ID非公開さん

2018/9/505:00:04

大学の課題の一つで、

「骨格筋の筋収縮の機序について、筋繊維に活動電位が発生した直後から順に詳細に説明せよ」
という問いについてまとめなければいけないのですが色々調べてみても上手くまとまりません。簡潔にわかりやすくまとめたいのですがどなたか例としてまとめて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

閲覧数:
71
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nkk********さん

編集あり2018/9/513:49:36

筋収縮は、太い筋フィラメント(ミオシン)が、細い筋フィラメント(アクチン)の間に深く入り込むことで起こる。

これは活動電位発生後、以下のメカニズムによって起こる。

①活動電位がT管(筋細胞膜の広範囲にわたる網状構造)に伝播する。T管は筋繊維膜と連続しており、筋繊維表面から内部に脱分極を伝える。

②T管から筋繊維内部に伝えられた信号により、電位感受性ジヒドロピリジン受容体の高次構造に変化が起こる。これにより、この付近にある筋小胞体上のCa2+(カルシウムイオン)放出チャネルが開く。
※筋細胞にはCa2+(カルシウムイオン)を溜め込む筋小胞体が存在する。

③Ca2+放出チャネルが開いたことにより、筋小胞体から筋繊維にCa2+が放出される。細胞内Ca2+濃度が高まる

④アクチン上のトロポニンC(Ca2+結合タンパク質)にCa2+が結合し、トロポミオシン(静止時にアクチンとミオシンの相互作用を遮断しているタンパク質)の位置が移動する。

⑤トロポミオシンが移動したことで、ここまで覆われていたアクチン上のミオシン結合部位が露出し、ミオシンがアクチンに滑り込む動きが可能となる。

⑥すると、ATP(アデノシン三リン酸)がミオシンに結合してエネルギー作用が働く。そしてミオシンがアクチンに入り込んでいく。筋収縮が起こる。



これでどうでしょうか?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる