ここから本文です

航空工学 流体力学 全翼機 ノースロップ B2爆撃機 三角翼 無尾翼機 ブレンデッド...

アバター

ID非公開さん

2018/9/112:03:38

航空工学 流体力学 全翼機 ノースロップ B2爆撃機 三角翼 無尾翼機 ブレンデッドウィング ステルス戦闘機 航空機オタク 軍事オタク ミリオタ

当方、全くの素人です。

小生の知識としては、全翼機は離陸距離は短いが、空中での安定性=姿勢の回復性=がとても低い という事で、結果的に突起物が少ないという全翼機のステルス性を重視した B2爆撃機しか、実用化されていません。

小生の疑問

現在のスパコン性能=シュミレーション性能=を活かして、下記概念の航空機は可能でしょうか?

仮説というか前提

1ブレンデッドウィング、無尾翼三角翼機を突き詰めると、垂直尾翼付きの全翼機となる。
2B2的にフライバイワイヤと、コンピューター姿勢制御技術を用いる
3垂直尾翼が有ると、左右への振れはかなり制御出来る。
4エンジンは、ホンダジェット的に、翼の上に双発で取り付ける。

そこで、
全翼機に、垂直尾翼を2枚取り付けて、その垂直尾翼を、エンジン取り付け柱と共用として、垂直尾翼の上にエンジンを取り付ける。3発の旅客機でそのような実例が有ったと思います。

結果、離陸距離は短く、積載量は多く、空力特性には優れ、地上からのレーダー探知に対する反射は、完全な全翼機程小さくは無いが、それでも一般の戦闘機よりはステルス性が高い。
特に、パイロンに爆弾やロケット弾を外付けで吊り下げるよりは、機内(翼内)に全武装を収納出来るので、圧倒的に有利。

又、地上からの赤外線探知に対しても、エンジンが翼で遮蔽されているので有利。
同じ理由で、地上からの対空砲火にも、若干は防御として有効。
一方、水平方向や上方よりの、レーダー探知には、垂直尾翼とエンジンが露出しているので不利。

従って、この特性を生かして、完全制空権を確保した後の夜間地上攻撃機として、現在のA10的近接支援任務に適しているのでは無いか?

つまり、
或る程度対地ステルス化し、尚且つ翼内に大量の爆弾と、地上掃射用の機銃と弾薬を多数仕込め、且つ滑走路の短い前線基地で、短距離離陸性能を活かせる為。
エンジンが、外付けされているので修理や交換も簡単。
着陸距離が延びる欠点が有るとの事であるが、その距離を短縮するには、ドラッグシュートや、空母的なアレスティング ワイヤーで何とかなるのではないか?

全くの素人の夢想なので、ツッコミドコロ満載と思いますので、各専門家の方からのツッコミや辛口コメントを期待しています。

閲覧数:
158
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zer********さん

2018/9/117:27:11

X47のWikipediaあたりを参照してください
https://ja.wikipedia.org/wiki/X-47_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/9/120:59:21

    もうちょっと、ステルス性を犠牲にして、初期の全翼機のように、単純なシルエットの全翼近接支援用攻撃機を夢想しているんですがーー

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/9/201:45:21

何だか、軍事的な常識を完全無視した航空機になってしまいそうな。

一番の間違いは近接航空支援って多くの場合で夜間には行いません。基本昼間に行われるものです。

近接航空支援で最重要視されるのは、機体が直接攻撃することではなく、弾着観測と言いますが、大砲の弾丸を目視で誘導することです。

ですから、夜間に行わないというのが基本です。

湾岸戦争時、Aー10が赤外線カメラを装備しておらず、止むを得ず夜間に出撃する際にマーベリックミサイルのカメラを使用したのはそういった事情からです。

2番目に問題なのは、全翼機のステルス性が高いのは垂直尾翼が無いからで、それに垂直尾翼をつけた時点で、ステルス性の観点からは無意味になってしまいます。

3番目。小型機という前提から、翼厚を大きくできませんので、実際に翼内にウェポンベイを設けるのは難しいし、設けたとしても搭載できるミサイルや爆弾は制限を受けてしまいます。
大型機のB-2ですら純粋な翼部分にウェポンベイを設けてはいません。

4番目。戦場上空の制空権を握ることは容易ですが、敵国全土で制空権を握ることは簡単ではありませんし、地上の防空システムまで破壊することは更に難しい。

当然敵国は戦場の後方に早期警戒機を飛ばし、地上には移動式を含めてレーダーで警戒するでしょう。それと連動した地対空ミサイルによる迎撃が予想されます。

ご質問内容の機体形状では、側面や上空からのレーダー探知でステルス性は期待できません。

更に加えるなら、ステルス性が幾ら高くても、近づいてしまえばレーダーからもよく見えてしまいます。

5番目は近接航空支援においてステルス性はそれ程意味がないということです。

6番目は翼の上面にエンジンを搭載することで、整備コストがかかり、補修にはそれなりの機材が必要になると推測されます。迎撃により、撃墜されなくともそれなりの被害を覚悟しなければならず、設備の整っていない前線基地からの運用を強いられる近接航空支援機との想定であれば、用兵側として支持はできません。

航空工学の観点からすると、ただですら飛行安定性の悪い全翼形状に、機体の重心から離れたエンジン配置でさらにそれを悪化させる設計。
つまり、被弾すればフライバイワイヤを用いても操縦が難しいでしょう。

しかも機動性を要求される近接航空支援で用いるとなると、エンジン配置から、高機動時にエンジン排気が直接動翼に当たることになれば、フライバイワイヤを用いても、そのソフト費用がかさむと考えられます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

haa********さん

2018/9/200:02:29

A-12はどうなんだって話。コスト高で開発中止になったけど。

A-12はどうなんだって話。コスト高で開発中止になったけど。

mi5********さん

2018/9/121:48:24

他の方が言ってる「翼上へのエンジン配置がダメ」ならF-117はどうなる?

でさ、A-10攻撃機的な低空低速域での高機動性を持たせたいなら、主操縦翼面が限られる全翼機はあり得ないよ。
ブレンデッドウイング機も含めた全翼機の類は、主翼と胴体を機能融合することで空力抵抗の最小化が図れる半面、動安定性が犠牲になる上に制御翼面が少なくなって人の操縦だけではまともに飛べなくなる。

てゆうか、A-10的な機体で「完全制空権」は無理な要求だし、低速での地上攻撃なのに全武装を機内収納する必然性が分からない。
本気で「エンジン外付け」するなら、ステルス性の破綻をどう考えるのか意図が理解できない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

mig********さん

2018/9/120:46:33

◆ 次期長距離戦略爆撃機「ステルスB-21」は、米国の長距離打撃爆撃機計画の一環として、ノースロップ・グラマン社が開発。B-21は、2025年までに運用に入る予定で、既存のB-2とB-1を置き換え、B-52を補完し、最終的に置き換える予定。
https://ja.wikipedia.org/wiki/B-21_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
▲ 超低空進攻が可能な長距離巡航ミサイルの進歩で、B-1の存在意義が薄れ、高コストのステルスB-2も【ステルスB-21】の登場で用済みに。全ては費用対効果ですね。
【B-1もB-2】も、その時代の使命を全う。
http://tokyoexpress.info/2016/03/26/%E7%B1%B3%E7%A9%BA%E8%BB%8D%E3%...
▼ 【ステルスB-21】長距離戦略爆撃機↓完成予想図

◆...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2018/9/114:00:11

ホンダジェットは戦闘機みたいな急激な機首上げはしないでしょ?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる