ここから本文です

石ノ森章太郎先生が仮面ライダーの原作者と されていて松本零士先生が宇宙戦艦ヤ...

thefool_000さん

2018/9/212:38:58

石ノ森章太郎先生が仮面ライダーの原作者と
されていて松本零士先生が宇宙戦艦ヤマトの原作者と
認められなかったのは何故でしょう?

作品に直接関わった部分では松本先生の方が
多いと思うのですが。

松本零士先生がふびんに思えます。

補足皆さん回答ありがとうございます。

OPの動画を改めて見比べると『仮面ライダー』のOPには石森章太郎先生が原作として表記されているのに
『宇宙戦艦ヤマト』OPで松本零士先生は原案、監督としての表記になっていましたね。

やはり番組の企画に関わった時期や
役割によって立ち位置に違いが出たのでしょう。

閲覧数:
156
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ceu********さん

2018/9/216:03:57

石ノ森先生は初めから原作、デザイン担当という事で企画に参加しています
松本零士先生は原作では無くデザイン担当して企画に参加したけれど結果的に脚本や設定にまで関わったという形ですね

まあ、初めの契約の違いという事なのではないでしょうか

石ノ森先生も仮面ライダーに深く関わり撮影の監督までやっている他、続編のV3~RXまでの全作に企画から関わっていますし作品に直接関わった部分も多いんじゃないですかねえ

質問した人からのコメント

2018/9/9 12:06:05

皆さん回答ありがとうございました。

どちらかというと松本零士先生の画風が前面に現れる『ヤマト』の方が先生とアニメの関連を強く印象付けますが、企画初期から番組に関わった石ノ森先生と企画がある程度固まってから番組に参加した松本先生では契約上の立場の違いが出てもやむ終えないでしょうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

e74********さん

2018/9/312:32:21

企画立案に立ち会ってないし、ある程度方向性が着いた後に参画してるからねぇ…

結果としては骨子を除いた肉付けのほぼ全てを担当してるとはいえ、骨が無きゃ立つどころか肉を付ける事すらできなかったわけで、そういう意味では原作は名乗れないと思う。

最大の功労者であるのは間違いない。

ken********さん

2018/9/219:28:13

下の人へ。

仮面ライダーも、テレビの企画が先ですよ。

moe********さん

2018/9/216:20:12

ライダーは石森章太郎が自分で描いた漫画が特撮番組になったので、権利は石森にあります。
しかしヤマトは西崎Pが「宇宙船が旅をするSFアニメ作るから。お金はオレが出すから」ということで呼び集めたスタッフの一人として松本零士がいたのです。
アニメは完成するまでに時間がかかります。しかし完成するまでお金が入ってきません。完成するまでの間のたくさんのスタッフの給料を払い続けることができる責任のある人が、完成したアニメの権利も持つのです。
だから「アイデアを出した」「実際の作業をした」という理由ではその作品の権利は持てないのが当たり前なのです。

ガンダムの富野監督も同じ理由で(名前は出るけれど)ガンダムの権利は持っていません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる