カバラの勉強をしたいのですが、どの本がオススメでしょうか?

カバラの勉強をしたいのですが、どの本がオススメでしょうか?

本、雑誌 | 超常現象、オカルト256閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

・魂(カバラ)の学校―その道程と陥穽 ゼブ・ベン・シモン・ハレヴィ著 出帆新社 このあたりからスタートするのがよろしいかと。 ・ヴェールを脱いだカバラ S.L. マグレガー・メイザース 著 国書刊行会 ちょっと高いけれど、価格に十分に見合う内容の良書です。 ただし生半可な覚悟では読み解けないでしょう。 ・神秘のカバラー ダイアン・フォーチュン 著 国書刊行会 クリスチャンカバラ最良の入門書、わずかに誤訳があるものの価値は衰えていない。 いずれも、繰り返し読み込む必要があるでしょうが、得るものは大きいと思います。 いずれにせよカバラとは長い時間をかけて取り組まねば、入り口にさえ到達できません。お覚悟を。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても詳しくご紹介いただきありがとうございます! また、学びにおける覚悟にも言及して頂ける機会は滅多にありません。 本当に有り難いです!

お礼日時:2018/9/2 19:55

その他の回答(2件)

1

カバラは学べる素材が少ないですね。 参考になりそうなものは16 世紀に名高いカバリストARI(アリ)氏、ゾハールの書、現代のカバリストとして有名なバール・ハスラム氏で検索してみるとそれらしいものが得られるかもしれません。 実はタロットカードにはカバラの思想が結びつけられています。 カバラに記されている「生命の樹」を学ぶとタロットの大アルカナ(重要なカード)が何故22枚なのか、その数字、絵柄、意味、逆意味と結びつきが何となく理解できてカバラの勉強に役立っています。 参考動画(YouTube) https://youtu.be/OFE_WZcv0U4?t=532

1人がナイス!しています