ここから本文です

ジュンク堂書店の宗教のコーナーは創価学会の書籍がやたらと多いのはなぜでしょう...

アバター

ID非公開さん

2018/9/518:49:57

ジュンク堂書店の宗教のコーナーは創価学会の書籍がやたらと多いのはなぜでしょうか?ほとんど人いませんが・・・

閲覧数:
89
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ten********さん

2018/9/523:42:38

ジュンク堂だけではないですよ。
宗教コーナーなら、せめて聖書関連とか仏像の写真集とかあればよいのですが、たまに渡辺和子シスターの文庫本(置かれた場所で咲きなさい、など)があればいいほうです。
でも、なぜか『人間革命』はズラッと並んでいたりしますね。
売れているならわかるのですが、そうでもないような?
創価学会系の書籍は、創価学会の人が団体でまとめて買うでしょうから、一般の書店に置いてもそう売れるものでもない気がします。

想像ですが、創価学会系の書籍は、創価学会の方が頼み込んで置いてもらっているのではと感じます。
一種の宣伝ですね。「ほら、こんなに本を出版して、皆さんに読んでもらっているんですよ!」という…
だからどこの書店でも隅っこの列の、一番上に置いてあるのでは。
創価学会系の書籍で場所を取るから、他の信仰書などは置けないのでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる