ここから本文です

ディーゼルエンジンは発火点が225℃の液体燃料であれば燃料として使用可能らしいで...

アバター

ID非公開さん

2018/9/1119:22:37

ディーゼルエンジンは発火点が225℃の液体燃料であれば燃料として使用可能らしいですが、それなりにコストもかかるとも聞きました。本当ですか?

補足225℃程度でしたすいません

閲覧数:
33
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yam********さん

2018/9/1120:03:13

<<<ディーゼルエンジンは発火点が225℃の液体燃料であれば
------------------------------燃料として使用可能・・・・・・・>>>

A:=<<そうだね・・””ディーゼルエンジンの燃料””は、
-----------------------別名-豚の餌-とも言われる事が有ります。
---------------------------軽油ばかりか、重油・灯油でもOKです。

ガソリン/エンジンとは違い、点火・爆発に
----------スパークプラグ(電機系統)を必要としないので、
*******************耐久性は、ガソリン車とは比較に成らない。

故に、運送用トラックなど重いモノを運んだりは、<船舶も同様>
-------------低回転域から、高トルクで回る、
*********************””ディーゼルエンジン””は、欠かせない。


※:ディーゼルエンジン (英:Diesel engine) は、
ディーゼル機関とも呼ばれる内燃機関であり、
ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルが発明した
往復ピストンエンジン(レシプロエンジン)である。
1892年に発明され、1893年2月23日に特許を取得した。

ディーゼルエンジンは点火方法が圧縮着火である
「圧縮着火機関」に分類され、ピストンによって圧縮加熱した
空気に液体燃料を噴射することで着火させる。
液体燃料は発火点を超えた圧縮空気内に噴射されるため自己発火する。

単体の熱機関で最も効率に優れる種類のエンジンであり、
また軽油・重油などの石油系の他にも、
発火点が225℃程度の液体燃料であれば
スクワレン、エステル系など広範囲に使用可能である。
汎用性が高く、小型高速機関から巨大な船舶用低速機関まで
さまざまなバリエーションが存在する。
-----------------------------------------------------------------

注釈: ディーゼルは微粉炭を含むさまざまな燃料の使用を計画したが、
粉末燃料の使用には成功しなかった。
1900年のパリ万国博覧会ではピーナッツ油での運転を実演した。

※:バイオディーゼル
Jump to navigationJump to search
バイオディーゼルとは、バイオディーゼルフューエルの略で、
生物由来油から作られるディーゼルエンジン用燃料の総称であり、
バイオマスエネルギーの一つである。
諸外国においてバイオディーゼルとして規格化がなされているのは
脂肪酸メチルエステルのみであるが、
厳密に化学的な定義はない。

原料となる油脂からグリセリンをエステル交換により取り除き
粘度を下げる等の化学処理や改質処理を施し、
ディーゼルエンジンに使用できるようにしている。
Bio Diesel Fuelの頭文字をとってBDFと略されることもある。
(BDFは登録商標)

-------------------------------------------------------------------

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2018/9/1121:32:46

    分かりやすい説明ありがとうございます!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

wan********さん

2018/9/1119:26:27

使用燃料に対応する為。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる