ここから本文です

北海道の地震の次は千葉だと言っていますが、 北海道大地震の次は千葉 専門家が...

jea********さん

2018/9/1202:11:24

北海道の地震の次は千葉だと言っていますが、

北海道大地震の次は千葉 専門家が指摘する「震度7」の予兆

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/237056/1

こちらでは、千島海溝の地震と言っています。

【警告】北海道地震は学者や超能力者が“完全に予言”していた! 南海トラフに匹敵「千島海溝巨大地震」の前兆か、破局的事態に備えよ!
https://tocana.jp/2018/09/post_18100_entry_3.html

オカルトなら信じないのですが、
両方とも、地震学者さんが出てきて解説しています。

心に留めておいた方がいいですか?

閲覧数:
1,363
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

2018/9/1619:36:11

俺は科学的論理で諭す学者よりも、オカルト予言者のほうが信憑性高いと思うけどな

事実、学者の予知はまったく当たってない
東海地震、南海地震と注意を促せば岩手県や東日本大震災が起きるし、南海トラフと促せば鳥取地震、熊本地震、島根地震が起きるし、首都直下型、千島列島と促せば大阪や北海道南部で直下型地震が起きるし、何一つ当ててない

  • 質問者

    jea********さん

    2018/9/1619:47:35

    目からウロコだわ。

    科学では地震は予知出来ないと宣言しているのに

    科学者の予想なら信用するっておかしいよね。

    一理ある。気付かせてくれてありがとうございます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「地震 千葉」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuj********さん

2018/9/1619:44:28

地震学者一部の人は予言(確実性がない思いつき)に近い、専門家は予測が出来ない。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

una********さん

2018/9/1516:46:00

それ週刊ゲンダイの記事なんで95%大風呂敷広げただけと思った方がいいよ?

「地震の予知は不可能」これが2018年現在の科学技術水準化での正しい答えではないかと思います。

なんせ私が子供の頃「30年以内に関東大震災が来る」とか言ってたけど、あれから30年以上経ったけど未だに起きていない。『関東大震災は100年後とか300年後かもしれないけど明日かもしれない』というのが正しい答えだったんじゃないでしょうか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

pse********さん

2018/9/1208:08:20

高橋学さんは地震学者ではないです。都司さんは津波の研究者ですが地震活動に関しては知見は持っていません。

千島の海溝型地震の話は数十年から数100年の間に何が起こるかという話であることは地震本部の報告書にも出ています。

雑誌やネットの地震の噂は全部無視してよいですよ。ウソと本当が見抜けない方にはネットを使いこなすのは難しいです(知恵袋も)。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

yos********さん

2018/9/1204:58:41

まず、防災学は地震学と異なり、地震のメカニズムは無関係です。
「北海道の地震は、3.11の地震で動かなかった部分が活動したため」との解説がありますが、今回の地震は太平洋プレート全体の活動レベルが上昇したことに伴う現象です。

4月末、あるいは5月の最初頃に太平洋プレートのホットスポット(活動起点)となる付近にあるハワイでキラウェア火山の活動が始まりました。
その後の経過を見ていたのですが、USGSの観測によると8月の初旬ごろから沈静化が始まり、それと入れ替わるように少し経過してから太平洋一帯でマグニチュード7クラス程度の地震が相次ぐようになりました。

その一番顕著な事例がインドネシア・ロンボク島の地震ですし、フィジー、ロイヤルティ諸島、ケルマディック諸島、ニューカレドニア、少し離れてペルーではマグニチュード7クラスの地震、ロンボク島、バヌアツ、フィジーなどではマグニチュード6クラスの中でも上位となる地震が起きています。

日本の近海でも例外ではなく、硫黄島や北マリアナ諸島ではマグニチュード6.4と、その他数多くの大きめの地震活動が起き始めたのです。

もちろん小笠原諸島から関東東方海域、東北の東沖、北海道南部や千島列島に至るまでの区間も拡散する力を受ける位置関係にありますから、どこに現れるか、前兆はないかを監視していたほどなんです。

もちろん、その間にも関連するような知恵袋の質問には、その旨を回答してあり、どこに現れるかは予測不能であるものの、太平洋側に関連するどこかで大きめの地震が起きる旨の注意を促しておりました>

そのような事実関係も踏まえず、立命館大学の教授はいつも同じ雑誌社相手に小銭稼ぎしています。

トカナについては、そもそもがオカルト現象を面白おかしく取り上げるサイトであり、その記事ライターの肩書「超常現象研究家」を見れば、いかに地震に対して真面目とは言えない法則を編み出し、小銭稼ぎをしているかが判るというレベルです。

【8月以降に発生したマグニチュード 6以上の地震】

まず、防災学は地震学と異なり、地震のメカニズムは無関係です。...

kaw********さん

2018/9/1202:13:18

どちらにしろ首都直下地震も近いうちに起こると言われてるので我々関東人は気をつけておいた方がいいかと。。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる