ここから本文です

USB DACについて。 現在、購入を検討しています。 分からないことがあるのですが...

fum********さん

2018/9/1211:57:54

USB DACについて。
現在、購入を検討しています。
分からないことがあるのですが、こちらはふつうにiTunesなどにある音源ファイルも音質は最大限に良くなるのでしょうか?
それは一般人にも

解るレベルでしょうか?
仕組みは元々あるファイルをこの機材で最適化するということでしょうか?ということは元々のファイルの質はあまり関係無いという事でしょうか?

お詳しい方、御教授願います。

閲覧数:
77
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wiv********さん

2018/9/1212:27:14

itunesでということなのでiphoneなどの内臓の物を現在使用だと思います。スピーカーやイヤホンなどもしっかりした物に交換した上しっかりした物を買えばそれよりは明らかに音が違うので分かります。あまりにも安物だとわからない時もありますけどね。
仕組み的には出力部分の強化ですね。今までしっかり表現できていなかった音などをしっかりと出力できるようになるなどです。こういうのは一番貧弱な部分に合わせて発揮できる性能が変わりますのでdacのみだと変わるかどうかは微妙なところです。

質問した人からのコメント

2018/9/13 23:07:57

ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2018/9/1222:29:42

当方は、マランツのフラグシップ真空管アンプを使っていますが、DACは、パソコンメーカーのASUS Xonar U7 MkIIで、1万円しません。

それでも、ハイレゾ対応でかなり高音質です。

普通のノートパソコンのイヤフォンジャックで聴くよりも、全然いい音です(一般人が聴いてもわかります)ので、オススメします。

当方は、マランツのフラグシップ真空管アンプを使っていますが、DACは、パソコンメーカーのASUS Xonar U7...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

cva********さん

2018/9/1221:37:24

◆> iTunesなどにある音源ファイルも音質は最大限に良くなるのでしょうか?

音の良し悪しは数字で評価できないので、各自の音の好みで良し悪しが決まります。
例えば、パソコン内臓のDACから高価なUSB-DACに変えても、それが好みに合わなければ、良い音に感じないことがあります。
良し悪し以前に、変化が分からないことの方が多いかもしれません。

DACの違いは、スピーカーやヘッドホンを変えた時のような、分かりやすい違いはありません。
例えば、機械的に精密測定すると違いが出る可能性はありますが、その違いを人が聴いて判断できるか、音が良くなったように感じられるかは別問題です。

◆> 一般人にも解るレベルでしょうか?

分かりません。
いろいろな音を聴いているオーディオマニアにも、DACの違いは分かりづらいです。
仮に違いが分かっても気のせいで、次の日に聴いたら結果が変わってることもありますし、価格が高いものが良い結果になるとは限りません。
人によっては、『高価なUSB-DACを使っているから音が良いはずだ!』という思い込みから、音が良くなったように錯覚することもあります。
錯覚でも本人が良くなったと感じれば良い結果と言えます。

食べ物に例えるなら、高価なものと安価なものを目隠しで比較しても、どちらが高価なのか分からないのと同じです。
味の良し悪しも、価格ではなく各自の好みです。
もし、価格を知りながら食べ比べれば、『高いからおいしいはず!』という思い込みから、おいしく感じる人がいてもおかしくありません。
USB-DACでも似た事が言えると思います。

◆> 仕組みは元々あるファイルをこの機材で最適化するということでしょうか?

元のデジタルデータを音として出すために、アナログデータに変換する役目がDACです。
デジタルデータのままでは音が出せないので、アナログデータに変換するのです。
DAC → デジタル・アナログ・コンバーター の略です。
DACは、パソコン、スマホ、テレビ、カーナビなどに内蔵されています。
そのため特に理由がない限り、USBにDACを後付けする必要はありません。

また、USB-DACと言っても、ヘッドホンアンプ内臓の場合は、アンプ部分も多少は理解することをお勧めします。
スピーカー用のアンプを内蔵しているUSB-DACもありますが、こちらはUSB-DAC内臓プリメインアンプと言われることが多いです。
一般的に売られているUSB-DACは、ヘッドホンアンプ内臓タイプが多いです。
非常に小型のUSB-DACヘッドホンアンプは、見た目が変換ケーブルのように見えることから、変換アダプターと言われることもあります。

◆> 元々のファイルの質はあまり関係無いという事でしょうか?

関係あります。
何らかの理由で、ひどく劣化した音声ファイルは元に戻せませんし、高価なDACを使っても良くなりません。
正常なCDからコピーしたファイル、楽曲配信サイトから購入したファイル、質の良い音源が理想的な状態でアップロードされたユーチューブの音声などは、良い音で聴けます。

ただし、曲の制作段階から品質が悪いものは、どんな方法で聴いても良い音になりません。
例えば、古い昭和時代の曲の中には、制作段階からノイズがひどい曲もあります。
また、好みに合わない音作りがされた曲は、制作段階の品質が良かったとしても、本人には良い音に聴こえないと思います。

サムさん

2018/9/1218:16:15

ほとんど変わらないと思います。
ヘッドフォンによることが大きいです。

サムはATH-WS1100です

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる