ここから本文です

東京海上トータルアシストについて、以前一度質問させて頂きました。 28年のも...

jin********さん

2018/9/1309:17:57

東京海上トータルアシストについて、以前一度質問させて頂きました。
28年のもらい事故で、現在相手側保険会社と 示談交渉中です。

今回の質問は私の任意保険
担当者の返答があまりにも、あいまいなので、今一度ご教授お願いします。
自身の任意保険部分ですが、今回の事故の支払いは難しいと言われています。意味が解りません。
トータルアシスト人身傷害3000万に加入しています。特約は付けていません。
後遺障害14級9号にも認定済みです、規約を見ても解りにくいし、担当者は、弁護士介入しているので、示談額が大きい場合は、支払い出来ません、差額がないからですと言いました。
さっぱり意味が解らず、おいくらとの差額ですかと尋ねても、こちらの計算ですのでとしか言いません。どなたか詳しい方ご教授お願いします。前に、3000万の数パーセントと知恵袋の
情報で見たことがあるため、担当者に聞いてみたら、誰が言いましたか?そんなきまりはないです、と言われました。

閲覧数:
65
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ja4********さん

2018/9/1313:22:02

おいくらとの差額ですかと尋ねても、こちらの計算ですのでとしか言いません。

約款を見れば明確に書かれていますし、その条件で貴方は契約しているのです。

相手からの賠償額が人身傷害で算定した貴方の損害額より多ければ貴方に「損害」は発生しません。
逆に相手からの賠償額が人身傷害で算定した貴方の損害額より少なければ貴方に「損害」が発生するため、その差額が人身傷害保険から支払われます。

*人身傷害保険は「契約者の損害を補填」とあるため、実損填補の様にも取れますが、治療費、休業損害については実損の填補ですが、精神的損害(慰謝料)などは保険会社と契約者との間で契約時に取り決められた定額の保険金額(入通院日額)により保険金額が決められているので、必ずしも実損填補とは言えないのではないかと私は思っています。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vnk********さん

2018/9/2006:07:03

そう言われるでしょうね

プロフィール画像

カテゴリマスター

koi********さん

2018/9/1309:57:19

>情報で見たことがあるため

何の情報を見たのですか?

人身傷害での支払い基準は任意保険基準と同等です。
弁護士基準は任意保険基準より上です。
相手過失100%であれば差額はないですよね。

もらい事故という表記がありますので仮にこちらに少しでも過失がある場合、その過失分を支払われる可能性がありますが、あくまでも人身傷害保険の支払い限度であるのか、訴訟で判決を得た金額の差額なのかは東京海上日動の人身傷害保険はその差額払いなのか知りません。情報とはここの部分ですか?

知恵袋の情報なんて本当のことは一部分です。正しい選択をするのは自己責任ですよ。担当者が一番正しいのは間違いないです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

dbs********さん

2018/9/1309:34:44

シンプルに回答するなら、まず相手からの賠償が弁護士(裁判所)基準になること

人身傷害保険の特徴は実損を補填すること

相手からの賠償が実損を補填するものとなり、二重補填の考えはないので、自身の保険会社から支払えるものはないと回答しています
間違っていません


例えば、相手からの賠償が東海の算定を下回る場合、相手からの賠償を先行して受けた場合、東海の算定額と賠償された額の差額を人身傷害保険から受け取れます

今回はその差額が発生しないためです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる