ここから本文です

平成30年一級管工事施工管理技士の実地試験は過去の問題の何年頃のが出題される...

mas********さん

2018/9/1411:14:56

平成30年一級管工事施工管理技士の実地試験は過去の問題の何年頃のが出題されると思いますか?

閲覧数:
548
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nin********さん

2018/9/2013:46:50

一級管工事施工管理技士の実地試験では、過去数年間の出題を分析して、精度の高い出題予想が重要になります。
出題傾向を分析して「重点項目集」を紹介しているサイトがあります。
このサイトの出題予想を使えば、絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。
http://kensetu-shikaku.gambaya.com/kankouji/kore-1jit-kan/

「重点項目集」では、出題傾向を分析し、出題一覧表を作成しています。
どの問題が、どれくらいの頻度で出題されているのか、一目瞭然です。
毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

・重点項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

現場経験が少ない方でも合格者は沢山いますから、管工事施工管理技士の試験の合格を目指して、最後まで頑張ってください。
・実地試験の勉強では、締切の設定が強い集中力を生みます。
・1カ月ではここまでマスターするためには、1週間でどこまでやればいいと予想する、これが「締切」になります。
・締切を設定すると、具体的な、一日当たり、一週間当たり、一カ月当たりの目標が明確になります。
・裏付けのある予想からの具体的な目標が、強い集中力を生むのです。

.

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「一級管工事 実地試験」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

oni********さん

2018/9/1415:08:28

過去問題で類似問題の出題、結構ありますね。
おおむね3年~10年の範囲で類似問題が出題されます。

場合によっては全く同じ出題と答えの場合もあります。
ヤマを張らずに過去問題集10年分を2度ほど繰り返してみてはどうでしょうか。

例えば天井吊り換気設備の取付要領や伸縮配管、ポンプ据付の改善策など、数年ごとに必ず出題されるので、このあたりは対策しておけば絶対に点数稼げます。

あと、空調か衛生かの選択問題など、事前に施工上の留意事項を5点以上調べておくこともお勧めします。
このあたりは3年間隔程度で出題されるものです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる